シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【香港では常識】あの「出前一丁」が食堂の定番メニュー! しかもスープなし!!

補正したやつ
昭和の時代に絶大な人気を誇ったインスタントラーメンといえば「出前一丁」。「そういえば子どもの頃、休日のお昼に食べたわ~」なんて思い出のある方も多いと思うけど、新商品が続々と登場するなか、いつの間にか影が薄くなっちゃったような……。

ところがこの「出前一丁」、香港の大衆食堂では、定番メニューとして地元の人たちの間で人気らしいの! そこで、このたび香港を訪れた記者が、香港式の出前一丁の食べ方をチェックするべく、実食してまいりましたーー!

【地元の人たちに人気の老舗の食堂】

今回訪れたお店は、尖沙咀(チムサアチョイ)駅にほど近い蘭芳園(ランフォンユン)。喫茶店と食堂が合わさったような香港独特の飲食店 “チャーチャンテン” の元祖と呼ばれるお店です。

IMG_20150615_181416
地元の人たちでにぎわう店内は、いかにもローカルな雰囲気。ここで一番人気という出前一丁を使ったメニュー「雞扒撈一丁」と、お店自慢のミルクティーを注文しました。
IMG_20150615_181422

【香港仕様の出前一丁とは……?】

ほどなくテーブルに運ばれてきたのは、なんとスープのない出前一丁! 麺にローストしたチキン、ネギとショウガの炒め物、キャベツとにんじんが添えられています。

懐かしいあの麺が目の前にあるのに、子供の頃の記憶にある姿とはビミョーに違う……。しばらく海外へ留学していた友人が、すっかり向こうになじんで「アンタ、そんな風だったっけ?」って言いたくなるような感覚にとらわれます。
IMG_20150615_180140

【 自宅で再現してみたい! 】

まずはチキンをいただいてみると、皮がパリッパリで、中が柔らかくてジューシー。思っていた以上のおいしさです! 気になる麺は固ゆでで、ごくごくシンプルな味付け。麺にネギとショウガを絡めて食べると、サッパリとしたなかに辛みが効いていて、どんどん食べ進められちゃうのです。
IMG_20150615_180443_edited
麺はもちろん、具の調理も手間がかからなさそうだから、これは自宅でも再現できるかも! 出前一丁の逆輸入的な感じで、日本でもこの食べ方、流行っちゃうんじゃないの~!? 

【意外にもミルクティーが相性良し】

一方、評判のミルクティーは、目の細かいストッキングのような袋で漉して作られているからか、濃厚なのにしつこくなくて、とってもまろやか。アジア圏でミルクティーを注文するとたいてい甘ーいのが出てきますが、ここのは甘くないのが意外でした。
IMG_20150615_175952
IMG_20150615_180144

ラーメンとミルクティーの組み合わせは一見、ミスマッチにも思えるのだけど、鶏肉の油とショウガの辛みをすっきりと流してくれて、なかなか相性良し。出前一丁のメニューとセットで頼むお客さんが多いのもうなずけました。

ちょっとヘルシーな汁なし出前一丁となめらかミルクティーの組み合わせ、ぜひお試しあれ!

IMG_20150615_181437

【店舗情報】
蘭芳園(ランフォンユン)
住所:Shop 26, Wood House, 36-44 Nathan Street, Tsim sha tsui
電話:2316-2311
営業時間:10:00~22:00

参考:Open Rice
画像・執筆=沢野ゆうこ(c)Pouch

画像をもっと見る

オリジナル記事: 【香港では常識】あの「出前一丁」が食堂の定番メニュー! しかもスープなし!!
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事