シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【美容家は見た!】隣に並びたくない「実物が美脚すぎ有名人」TOP3

TVや雑誌を見ていると、スタイルの良さが際立つモデルやタレントたち。しかし、彼女らが現実に現れると、その美脚ぶりは想像を絶するものがあります。

そこで今回は、美容家の筆者が間近で目撃した、“美脚すぎて眩しい有名人”を3人、ご紹介したいと思います。

 

■1:「人類は進化している……」と感じた驚異の脚長力

三十路を過ぎた筆者が「自分と違う人種だ」とまじまじ見つめてしまったのが、モデルの森星さん。おばあさまはデザイナーの森英恵さん、お姉さんはモデルでタレントの森泉さんと、有名すぎる身内を持つ星さんですが、彼女自体も次世代を感じる宇宙的な美しさの持ち主でした。

整った顔立ちはもちろんのこと、驚きなのはそのスタイル。某番組のロケでご一緒した際、175cmの長身・美脚の横で筆者は見事に公開処刑されてしまいました。番組はスーパーフードを扱うショップを訪問し、筆者がその効果を解説するという内容。星さんはゴジベリー(クコの実)が特に気に入っており、デトックスのために小まめに摂取しているのだそうです。

 

■2:男性ということを完全に忘れてしまう美脚の持ち主

とある美容番組でご一緒した、女装家でタレントのミッツ・マングローブさん。そのファッションセンスも注目を浴びていますが、実はミニスカートも難なく履きこなす美脚の持ち主なのです。身長も高く全体的にパーツが大きいのですが、脚は長いだけではなく、メリハリがあってセクシー。つい男性であることを忘れてしまうほどでした。

女性は棒のように細い脚を良いものと位置づけがちですが、ミッツさんのようなセクシーなメリハリ脚をゲットするためには、適度な筋肉も欠かせません。細くすべき箇所は主に“足首”であることを心得て、むくみ予防のマッサージなども行いましょう。

 

■3:チラリと見える美脚は存在感120%

「モデルとは、こういうことを指すのだ」そう改めて認識させてくれたのが、雑誌やCMなどでも活躍中のモデル、ケリーさん。日本スーパーフード協会のイメージキャラクターに就任したお披露目記者発表会で、筆者はケリーさんと美容習慣についてトークショーをさせて頂きました(上写真)。

しかし舞台上に用意された椅子に座ると、その脚の長さの違いが歴然。ケリーさんは174cmの身長に対して股下は約85cmと言われており、驚異的な脚長バランスは芸術的なものでした。

ヨガやベリーダンス、キックボクシングなどを趣味として行っているだけに、キュッと引き締まった足首とふくらはぎのラインが白のロングワンピのスリットから覗くたびに、同じ女性でありながらドキドキ。これぞ究極の極上美脚と言っても過言ではありません。

 

生まれ持ったモノもあるかもしれませんが、美脚は努力次第で作れます。実はケリーさんも元々はとても太りやすい体質なのだとか。そんな中で、故郷ブラジルで摂れるスーパーフルーツを食べたり運動したりと、美ボディ磨きに余念がないのです。

運動をするにしても三日坊主ではなく、毎日の積み重ねが重要なのは言うまでもありません。是非今夜から、初心者向けのマッサージを始めてみてはいかがでしょうか?

 

【おすすめ記事(PR)】

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法