シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【美容ライタ-の化粧ポーチ】最少アイテムで旬顔!持つべきはこの5つ

皆さん、ポーチには何を入れていますか? メイクアイテム一式を一応入れているけれど、結局全部使わなかった!ということも多々あるのでは?

そこで今回は美容ライターである筆者が、ポーチをミニマムに収めるためのルールをご紹介します。

 

ファンデは入れない!?

朝バッチリメイクをキメていても、お昼ごろにはTゾーンがテカッてきますよね。そのため、メイク直し用のフェイスパウダーやファンデーションをついつい持ち歩いてしまいませんか? ですが、崩れたメイクにファンデを重ね塗りするとマットな厚塗り顔になってしまいます。その上、ファンデって嵩張りますよね。

そこでオススメなのがファンデの代わりにコンシーラーを使うこと。スティックや筆タイプのコンシーラーだと、ファンデが崩れてくる鼻の周り、目元、ほうれい線、口元のような細かい箇所にささっと塗れるのでとっても便利。その後にお粉をはたかないほうが今年のツヤ顔になれます。

崩れたファンデを、まずティッシュオフしてコンシーラーを塗布することを忘れないで下さいね。

 

マスカラは入れない!?

マスカラってどうしても落ちてきますよね。だからといってマスカラを何度も付け直すと、ダマになりやすいし、いまや古顔の“盛りアイ”メイクになってしまいます。

マスカラの代わりに携帯用のビューラーをポーチに常備するのはいかがでしょうか? マスカラを付け直さずともビューラーでまつげを上げるだけで、目元がフレッシュな印象になりますよ。

 

アイシャドウは入れない!?

オフィスで目を酷使しているとアイシャドウもよれてきます。しかし、ファンデやマスカラと同様、崩れたからといって重ね塗りをすると濃いお化粧に。崩れたアイシャドウは、ティッシュオフして綿棒でよれた部分を修正し、アイラインを引くだけでぱっちり目元が復活!

そもそもオフィスではナチュラルな目元が好まれますので、通勤にはベージュ系の淡いアイシャドウが無難。アイラインだけ旬色を使うとマンネリを防ぎ、オシャレな雰囲気がでます。今季はカーキやバーガンティーのアイライナーがシックですよ。

『美レンジャー』の過去記事「プロ絶賛の2品はコレ!質感と深み色に感動“秋の旬顔メイクアイテム”」では、メイクアーティストによる秋のトレンドメイクアイテムをご紹介していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

■ポーチに入れるミニマムアイテムとは?

(1)コンシーラー

(2)ミニビューラー

(3)旬色アイライナー

(4)チークとリップ兼用コスメ

ディオール、シュウウエムラ、ヴィセ、アナスイなどから、チークとリップに使えるメイクが発売されています。コスパもよいし必需品!

(5)綿棒

 

さらに乾燥肌の方は無色の保湿力が高いリップクリームをポーチにしのばせると、唇以外の小鼻など、顔がカサカサしているところに使えてよいですよ。ポーチが小さく収まらないと嘆いているあなた、ぜひ上記を試してみてくださいね。