シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【美味すぎ危険】松屋の「チーズタッカルビ定食」は悪魔の食べ物! 甘さと辛さが女子の理性を吹き飛ばす


積雪による延期などのトラブルがありつつ、2018年1月23日から発売されている松屋の「チーズタッカルビ定食」。「チーズタッカルビ」といえば、2017年の食のトレンド1位に選ばれたりと「今いちばん女子が好きな食べ物」と言っても過言ではありません。

なんでも松屋の女性スタッフがメニュー開発したそうですが、チーズタッカルビを1人前からリーズナブルに食べられる……これは痒いところに手が届きまくってる。絶妙なトレンドの押さえ方です。やるな松屋。

というわけで、さっそく食べに行ってみましたが、これは危険な食べ物でした……。

【旨味の権化のようなチーズタッカルビ定食】

松屋の「チーズタッカルビ」は、甘辛いコチュジャンと香辛料を使ったソースを絡めたお肉とキャベツ、ニンジン、玉ねぎの上に、とろ~りとしたチーズ、そしてネギが乗っています。

チーズのとろーり感がインスタ映えするうえに、チーズが辛味をマイルドにしてくれるとかなんとか。ざっくり書いても旨味の権化みたいな食べ物なわけです。こんなの、美味いに決まってます。

「チーズタッカルビ定食」は、ご飯とサラダ、味噌汁がついて730円(税込)。さらに、プラス40円でサラダをポテトサラダに変更できるというではないですか。女子が芋栗かぼちゃ類に目がないって、よく御存知で……。

【食べた瞬間、うますぎ警報が脳内発令】

食券を渡して数分後、運ばれてきた「チーズタッカルビ定食」はめちゃめちゃ美味そう! お肉も野菜もお皿にたっぷりはいって、チーズもとろけてます!

ひと口食べた瞬間、チーズと甘辛いコチュジャンソースが脳内に「美味すぎ注意報」を発令してきました。自然と、白米に箸が伸びます。そしてチーズタッカルビと白米を一緒に頬張った瞬間、今度は「美味すぎ警報」が発令されました。

ダイエット中で肉類、米類を控えていましたが、リミッターが外れる音がボンと脳内に響きます。これは……危険すぎる。

チーズのまろやかさ、コチュジャンの辛みもいい感じに食欲を刺激してきます。鶏肉も大きくて柔らかいし、玉ねぎとニンジンの甘み、キャベツの歯ごたえもたまらない……。ああ箸が止まらない。ダイエットって何……? ひたすら口の中にチーズタッカルビと白米を運び続けます。

ひとつ言うなら鉄板ではなく普通のお皿で提供されるため、チーズがすぐに冷えてしまうので、熱いうちにチーズ部分を食べた方がベスト……ということでしょうか。

【途中でめっちゃお腹いっぱいになる】

永久機関のように無心で食べ続けていたのですが、だんだん、箸の進みがおそくなってきました。めちゃくちゃ味が濃いので、けっこうすぐお腹いっぱいになるのです。

完食する頃にはずっしりと胃が重くなっていました。調べてみたら、「チーズタッカルビ定食」はなんとカロリーが1089kcal(ポテトサラダにすると1181kcal)もあるではないですか。まあ、美味しさとカロリーは比例しますからね。

【松屋の店内に女子が多い…!】

帰りにふと見回すと、店内に明らかにいつもより若い女性が多い……! そして女性はほぼ全員「チーズタッカルビ定食」を食べている! 松屋、完全に女性層の獲得に成功してますね。

ダイエットへの決意を軽く吹き飛ばすほどの旨さがある松屋の「チーズタッカルビ定食」。お腹ペッコペコにして食べに行くのをオススメします!

参照元=松屋

執筆・撮影=御花畑マリコ (c)Pouch