シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【縁起良さそう】シャンシャン公開記念! 東京・上野ならではの「パンダ恵方巻」がしっぽもついてて超キュートです☆


2月3日の節分にその年の恵方を向いて、巻き寿司を無言で丸かじりする「恵方巻」イベント。2018年の恵方は南南東だそうです。

この時期には毎年趣向を凝らした恵方巻がお目見えしますが、今年の松坂屋上野店には実に上野らしい一品が登場するんです! それは……パンダ恵方巻! 言うまでもなく、これは2017年に上野動物園に生まれたパンダの赤ちゃんの「シャンシャン」フィーバーにあやかってでしょう。

愛らしいパンダが恵方巻に……やだー、食べちゃうのがもったいなくなっちゃいそう!

【後ろ姿までかわいいパンダ恵方巻】

1月24日~2月3日まで、松坂屋上野店・地下1階のほっぺタウンには120種類の恵方巻が集結! なかでもいちばんの注目は、今回が初登場となる「パンダ恵方巻」です。

「北辰鮨」で発売される「パンダ恵方巻」はキュートなパンダを太巻きにアレンジしたもの。海苔で作ったパンダの顔もかわいいけれど、後ろ姿まで手抜かりナシ。ちゃーんとしっぽまでついているんです!

中の具材はマグロとイクラで、なんとも贅沢。ハーフサイズ2本セットで999円です(2月1日~3日までの限定販売)。

【バラエティ豊かな恵方巻が集結】

ほかにも、1万円以上もするプレミアムな恵方巻から、変化球の中華系、スイーツ系などさまざまな恵方巻がズラリ☆

「北辰鮨」には大間の本マグロとネギを巻いた「大間ほんまぐろ巻(15800円)」や、貴重な鮭・鮭児(けいじ)を使った「鮭児ロール(17000円)」があるそう。鮭児ロールは事前予約が必要で、1月26日が予約締め切りだそうです。

また創業85年の肉専門店「肉卸小島」には、松阪牛を味わえる「肉卸 “松阪牛” 恵方巻(10800円)」が登場。こちらは2月3日限定、しかも1日3本だけ(!)の貴重なものなんですって。

【発売日をチェックしよう♪】

そのほか「赤坂飯店」の炒飯と焼豚を巻いた「焼豚チャーハン恵方巻(864円)」、デザートにはワッフルをくるっと巻いた「恵方巻福くるくる(864円)」などバラエティ豊かです。上野動物園に遊びに行った帰りに、皆さんも立ち寄ってみるのはいかがでしょうか? 「パンダ恵方巻」なんて話のネタになること間違いナシですよね。

ただし限定販売のものがいくつかあるので、お目当ての恵方巻きがある場合は、発売日を確かめてからお出かけした方が良さそうです。詳しくは「松坂屋上野店」のサイトにてご確認くださいね。

参照元:松坂屋上野店プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch