シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【簡単レシピ】明太子とチーズをトッピングした「明太子のフレンチトースト」が背徳的うまさ / チーズと明太子のサクもち食感もたまらん


毎日でも食べたくなるご飯のおとも。私にとってのそれは、明太子です。

ご飯のおともと書きましたが、明太子に限っては和食の域を超えたおいしさ! 温かいごはんにのせて食べるのはもちろん美味しいですが、生クリームで伸ばして明太クリームパスタにしたり、サワークリームと混ぜてディップにしたりと、洋風メニューにもなる万能選手です。

新たな明太子レシピをネットで探していたところ、明太子のやまやが提案する甘くない「明太子のフレンチトースト」という、大胆な洋風アレンジメニューを見つけました。

博多明太子で有名なやまやが提案するレシピだもの、おいしいに決まってるッ!! というわけで、明太子のフレンチトーストを作ってみたいと思います。

【材料】

用意するものは、辛子明太子、バゲット、卵、牛乳、バター、粉チーズ、ブラックペッパー。明太子とバゲットを買い足せば、キッチンにある材料でできるのがいいですね。

【作り方】

1.  卵、牛乳を混ぜ合わせ、薄皮を取り除いた明太子、粉チーズを混ぜ合わせる。明太子は飾り用として少量を取り分けておきます。

2.  1の卵液にスライスしたバゲットを浸す。

3.  弱めの中火に熱したフライパンにバターを入れて、溶けたらバゲットを並べて両面を焼き上げる。

4.  器に盛り付け、ブラックペッパーを振りかける。明太子をトッピングしてできあがり。

【背徳的な香ばしい匂い…これは罪だ!】

フライパンでじゅわ〜っと焼いている間、明太子とチーズがバターと絡み合って香ばしい匂いをキッチン中に漂わせるではありませんか! なんて罪深いかおりなの。お皿に盛り付ける時間さえ惜しくなります。

【明太チーズの美味しさが波のように押し寄せる】

こんがりと焼けたフレンチトーストに、ナイフとフォークで切り込むとサックサク♪ 

まずはひとくち食べてみると、おおお美味しい! 波のように押し寄せてくる香ばしいチーズと明太子の旨味。どちらも主張の強い素材だけど、最後に挽いたブラックペッパーが全体をピリリと引き締め味のバランスを整えてくれているではありませんか。また食べたい、また食べたいと、ナイフとフォークが止まりません!

【フランス人も納得】

このフレンチトースト、味もさることながら食感もすんごいのです。サクサクに焼けたパンの中は、弾力のあるもっちもちの食感に。

一緒に食べたフランス人いわく「牛乳とチーズを加えた卵液にバゲットを浸すと弾力性のある食感になる」とのこと。だからサックリモッリチ食感になったんだね。

休日のブランチに食べたくなる明太子のフレンチトースト。簡単に作れるので「やまや」の公式サイトを参考にぜひ作ってみてくださいね。

参照元:博多の味 やまや
調理・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch