シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【知ってた?】ドナルドの恋人「デイジー」にはもともとトサカがあった! 初登場のときの名前は「ドンナダック」

daisy1

ミッキーマウスをはじめ、それぞれに魅力的なディズニーキャラクターたち。長いまつ毛と大きなリボンがトレードマークのデイジーダックもかわいいですよね♪ ドナルドダックの永遠のガールフレンドっていうのも憧れちゃうポイントなのです。

ところで、デイジーにはもともとトサカがあったって知ってた? しかも、初登場のときの名前は「デイジーダック」じゃなかったんだって! へえ~、知らなかった!

【デイジーダックの初登場のときって?】

デイジーは、短編映画「ドナルドのメキシカン・ドライブ(原題:Don Donald)」(1937年)に情熱的なメキシカン・ガール「ドンナダック」という名前で初登場したそうです。

この作品の中では、現在のトレードマークであるリボンの代わりにレースのスカーフを身にまとい、頭にはトサカがありました。

【今のデイジーダックになったのは?】

現在のキャラクターになったのは、初登場から3年後の短編映画「ドナルドのダンス大好き(原題:Mr. Duck Steps Out)』(1940年)でのこと。この作品に「デイジーダック」という名前で登場し、みんなが知っているデイジーの姿が確立されたみたいです。

なお、トサカがあるころのデイジーの姿を描いたコインが、ただいま泰星コインから発売されています。これは、デイジーダックの誕生75周年を記念したもので、デビュー作のワンシーンを再現しているのだとか。かつてのデイジーのレアな姿のコイン、ちょっと欲しい!

参照元:アットプレス泰星コインWebサイト
執筆=夢野うさぎ(c)Pouch

画像をもっと見る

オリジナル記事: 【知ってた?】ドナルドの恋人「デイジー」にはもともとトサカがあった! 初登場のときの名前は「ドンナダック」
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事