シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【画像あり】「大人っぽい」と言われるには? 髪型、メイク、顔、性格など全14選

1:「大人っぽい」とは?

みなさんは「大人っぽい」と聞いてどのような人を想像するでしょうか?

落ち着いている、冷静である、など性格的な部分はもちろん、「大人っぽいメイク」「大人っぽいヘアスタイル」など、外面的な要素でイメージする人も多いと思います。

(1)「大人っぽい」の意味

大人っぽい(おとなっぽい)

[形]外見や態度などが実際よりも大人に見える。「服装が急に―・くなる」⇔子供っぽい。

[派生]おとなっぽさ[名]

〈出典:デジタル大辞泉〉

小中高生などに対し、「年相応の子供っぽさを感じない」場合も「大人っぽい」と言いますよね。

(2)「大人っぽい」を英語で言うと?

大人っぽいは英語で「Mature」と表現され、「発達した、成熟した」という意味を持ちます。

「You seem mature for your age」で「年齢の割には大人びてる」ということになります。

また、日本語では「大人っぽい」は内面的要素だけでなく、外面的要素も含めて、「大人っぽく見える」と表現しますが、英語では内面、外面で表現が変わり、外見が大人っぽい場合は「seem」が「look」に置き換えられます。

(3)「大人っぽい」って褒め言葉?

「大人っぽいね」と言われことがある人は、それが誉め言葉なのかどうか悩んだこともあるかもしれません。

高校生が「君、すごく大人っぽい雰囲気だね!」と言われると嬉しいはずです。でも、20代の女子が「え、20代なの!? 大人っぽいから30代だと思ってた……」なんて言われると、ちょっとショックですよね。

言った本人はそこまで深く考えてないことがほとんどですが、言われた本人にしてみると、すでに大人の年齢に達しているにも関わらず、外見的な意味で「年齢より上に見えるね。大人っぽい」と言われると、「老けて見えるってことかな……」なんて思ってしまうことも。

また「君はすごく大人っぽい考え方をしているね」と言われると、一見嬉しいような気がしますが、それは実は、「君にはフレッシュさが足りない!」という意味だったり……。

「大人っぽい」にはいろいろなニュアンスが含まれますね。

(4)高校生も気になる!大人っぽくなるには?

イマドキの高校生は、メイクのしかたも、自撮りの方法も、大人よりわかっていることがあります。

それは彼女たちの努力のたまもの。常にアンテナを張り続けている10代は、トレンドを取り込む能力も高い!

「えっ!? この子が高校生!?」というような大人びた容姿の子もチラホラ。

高校生からしたら「大人っぽい女性」は憧れですよね。子供っぽく見られたくない、という人がほとんどです。

高校生が大人っぽくなるためには、大学生が読むような雑誌を背伸びして買ってみるなど、自分の年齢+3歳くらいの感覚のメイクやヘアスタイルにチャレンジするといいかもしれません。

だけど10代から、メイクをやりすぎてしまうと、そもそも似合わないことも多いですし、肌荒れの原因にも!

いつかは背伸びしなくても年相応のオシャレを楽しめる日が来ることをお忘れなく!

 

2:【画像あり】大人っぽい髪型になるには?

ではここからは大人っぽいヘアスタイルについて考えていきましょう。

ヘアメイクアーティストの吉田忍さんのアドバイスを参考にしながら見ていきましょう。

(1)大人っぽい髪色は?

YOSHIDA SHINOBUさん(@yoshida_shinobu)がシェアした投稿

大人っぽい髪色の定番と言えば、ブラウン系。ただ、ブラウン系カラーにしたからといって、それだけで大人っぽいとはいえません。

吉田さん曰く、ヘアの質感で大人っぽさが左右されるのだとか。

吉田さん:「仕上がりのイメージでいうと、“ふんわり”は柔らかく可愛い感じ。一方、ウェット感のある“艶あり”は、少し強めの印象になります。

大人っぽさを目指す人はもちろん、“艶あり”をセレクト。

ブラウン系の中でも、艶感のあるカラーをチョイスしましょう。また、スタイリング剤も、艶感を意識したものにしてみましょう。

(2)ミディアムヘアで大人っぽい髪型は?

大人っぽい印象を作る上で大事なのは、まず自分の顔の形をしっかり把握しておくこと。

吉田さん:「自分の顔の形に対して、どんな髪型にしたいのか? 雰囲気でも構わないので、簡単にでも想像しておくことが大切です」

日本人の顔の形は大きく分けて4つ。

最も幼く見られがちな「丸顔タイプ」、顔が大きく見られがちな「面長タイプ」、クールなイメージの「逆三角形タイプ」、ボーイッシュに見られがちな「ベース型タイプ」、万能型の「卵型タイプ」です。

吉田さんに顔のタイプ別に大人っぽくみせるミディアムヘアのポイントをうかがいました。

1.丸顔タイプ

丸顔タイプのミディアムヘアの定番は「菱形シルエット」。

吉田さん:「日本人に多いと言われている丸顔タイプ。丸顔さんは、可愛い印象を与えますが、同時に、幼く見えてしまうといった一面も。逆のイメージを持たせるために、アウトラインを菱形シルエットで縦長に作ることがポイント。トップにボリュームをもたせ、首回りをスッキリさせることで、幼く見えるのを防ぎます。

最近、“可愛い”から大人っぽくシフトしてきた有村架純さんのヘアスタイルがこれにあたります」

2.面長タイプ

桐谷美玲さん(@mirei_kiritani_)がシェアした投稿 –

吉田さん:「顔の横幅よりも縦幅のほうが長い面長タイプには、前髪をしっかりと作り、横に広がりを感じさせるヘアスタイルがオススメです」

面長タイプの人は、普段から大人っぽいイメージを持たれることが多いですよね。そのため、全体に丸みをプラスして、大人っぽさを引き算するのがベター。

また、編み込みをサイドに入れるアレンジは、簡単に横幅にボリュームを出しやすく、面長さんにオススメなのだそう!

3.逆三角形タイプ

吉田さん:「逆三角形さんは、顔が細く見えてしまい、顎にポイントがいってしまいがち。それをカバーするには、横にボリュームを出して、トップは高くしすぎないのがポイントです」

最も大人っぽく見える顔の形は、この「逆三角形タイプ」。大人っぽいヘアスタイルでなくとも、シャープでクールなイメージを与えます。

大人っぽさを残しつつ、優しい印象をつくるには、「強い女性」に見られがちな顎に目がいかないようにするヘアスタイルがオススメ。そのため、横にボリュームを出すヘアを心がけましょう。

4.ベース型

吉田さん:「エラが張っていて、顔の横幅と縦幅が同じくらいというバランスが特徴のベース型さん。

ボーイッシュに見られがちなので、女性らしさをプラスすると、より魅力が引き立ちます」

顔回りを髪で縁取るように囲むと、一気にあか抜けて大人っぽいイメージがつくれるのだそう。

ヘアアレンジも、フェースラインの髪を多めに残すのがポイント。丸みが出るように縦横のバランスを見ながらボリュームをつくります。ひとつに束ねる場合には、大人っぽさの出る低めのポニーテールがオススメなのだとか。

5.卵型タイプ

木村文乃さん(@fuminokimura_official)がシェアした投稿

吉田さん:「顔型の比率は抜群。なので、テクニック要らずでどんなアレンジやスタイルも似合ってしまうのが卵型タイプです。最大限にそのアドバンテージを生かしたましょう」

艶感が出るトリートメントで仕上げたり、いろいろなスタイリング剤を楽しんだりなどの簡単な工夫で、大人っぽさが叶います。

吉田さのおすすめは、オイル系のヘアスタイリング剤。大人っぽいウェットな艶がだせるそう。

(3)ボブで大人っぽい髪型は?

i_am_kikoさん(@i_am_kiko)がシェアした投稿

ここからは、ボブで大人っぽいヘアスタイルについてみていきましょう。

下手をすると「少女のおかっぱ」に見えたり、「量産系可愛いの定番」となってしまいます。

こちらも、ミディアムヘア同様に、自身の顔の形を把握して、ポイントを押さえたヘアスタイルにすることが重要です。

特に、幼く見られがちな「丸顔タイプ」のボブヘアは、子供っぽくなりがち。

大人っぽい雰囲気にするには、アウトラインを菱形シルエットにして、縦長につくることがポイントです。

(4)大人っぽい髪型アレンジは?

YOSHIDA SHINOBUさん(@yoshida_shinobu)がシェアした投稿

大人っぽい髪型アレンジの定番と言えば、低めのポニーテールや、前髪のみを残してシニヨンをつくり、サイドに寄せたアレンジなどです。

さらに、大人っぽい雰囲気を作るときに重要なのが「髪のほぐし方」。

吉田さん:「髪をほぐすとき、ついつい細かく細く引き出そうとしてしまいますが、初心者さんには難しい。

慣れないうちは、いったんキュッと縛って、それを崩すことをイメージしてみてください。ラフな感じでルーズに引き出すと、大人っぽい崩しができますよ」

 

3:【画像あり】大人っぽい前髪の作り方5つ

続いて大人っぽい前髪の作り方についてご紹介します。

(1)面長タイプは「重め前髪」で!

YOSHIDA SHINOBUさん(@yoshida_shinobu)がシェアした投稿

前述したように、「前髪あり」で大人っぽく魅せられるのは、顔の横幅よりも縦幅のほうが長い「面長タイプ」。前髪を作ることで小顔効果も期待できます。バランス良く見せるには、重めの前髪+横に広がりを感じさせるアレンジ。

サイドに寄せたポニーテールなどもオススメです。

(2)逆三角形さんのアレンジは「前髪のみ残し」で!

逆三角形タイプも前髪ありで!

吉田さん:「前髪のみを残してシニヨンを作り、サイドに寄せたアレンジやハーフアップのAラインなどで、顔型とのバランスをとるといいでしょう」

前髪と同じくらい重要なのが横髪。ヘアアレンジの際は、横にボリュームを出すことを考えたほうがよさそうです。また、トップはボリュームを出さないというのもポイント。

(3)丸顔タイプは「前髪なし」で!

幼い印象を持たれがちな丸顔タイプは、前髪なしが賢明。

もし、どうしても前髪を作りたい!という場合は、フェザーバンクがオススメです。

重めに前髪を作り、外ハネさせることであか抜けた印象になります。

 

4:大人っぽいメイクのやり方4つ

では続いて、大人っぽいメイク方法を、吉田さんに聞いていきましょう。

(1)太いアイラインはNG!アイラインはナチュラルに

吉田さん:「目を大きく見せたいと、ついアイラインを太く濃く描いてしまいがち。ですが、これは子どもっぽく無駄に派手に見える原因になります」

モード系などの奇抜なメイクを除いて、メイク初心者がやりがちな「太いアイライン」は、一気にダサい仕上がりになって、大人っぽく見えません。

最近では、シャドウのグラデーションを上手く使って、ライナーを使わないのがトレンドのひとつになっています。大人っぽくしたいなら、あえてナチュラルを目指して。

(2)リップは立体的に!

吉田さん:「リップのメイクは、アウトラインをハッキリ描くと、強くて大人っぽい印象に。逆に2色使いして、アウトラインを薄く、内側に入るにつれて濃くなる様にグラデーションを作っていくと、柔らかい印象になります」

つまり、大人っぽいイメージを作りたいときはアウトラインをはっきりと描くことを心がけて。単色の深みのあるレッドなどもオススメです。

(3)最初に「自分のメイクで譲れないパーツ」を決める

メイクは、あれもこれもとやっていくと、どんどん濃くなってしまいますよね。

結果として、大人っぽいメイクを目指したのに濃すぎてダサイだけ……となる事態も多々あります。

吉田さん:「最初に自分のメイクで譲れないパーツを決めて、そこを軸にメイクをしていきます。たとえば、お気に入りのリップを塗る。その発色とのバランスを考えながらチークやシャドウの色を決めると、色同士がケンカすることなく、全体的なこなれ感となって、結果、大人っぽい仕上がりに」

(4)細い眉毛・くっきり眉はNG!

大人っぽいイメージを出すために眉毛はとても重要。

吉田さん:「細い眉毛、クッキリしすぎる眉毛は野暮ったくなりがち。自眉を生かして、補正するように整えていきましょう。

ナチュラルに見せるには、ペンシルで1本1本、毛を足していくようなイメージで描くことです」

確かに、大人っぽい雰囲気の女優さんをイメージしてみると、太い眉毛であってもナチュラルで、「くっきり」している人はいませんよね。

 

5:大人っぽい顔の特徴3つ

ここまで吉田さんに取材してきた中で見えてきた「大人っぽい顔の特徴」。

改めてまとめてみましょう。

(1)顔の形は面長タイプや逆三角形タイプが大人っぽい

顎が尖って見える逆三角形タイプは、最も大人っぽく見られる顔の形です。

武井咲さんや西内まりやさんがあてはまります。

ふたりは、顔の形は大人っぽいですが、メイクで可愛らしい印象を出しているタイプ。同じく、面長タイプも大人っぽく見える顔の形です。

(2)目の幅が横に長い

大人っぽいと思われる人の顔立ちは、目の幅が横に長いという特徴もあります。

逆に目が丸いと、幼い印象になります。

(3)眉毛はナチュラルだけどしっかりしている

前述したように「くっきり眉を描く」というのはNG。

ですが、ナチュラルにしても、大人っぽい人は、眉毛が濃く、一本一本の毛が太く生えています。これが凛々しく大人っぽい女性を演出しているのです。

 

6:大人っぽい性格の特徴4つ

大人っぽく見られるために重要なのは外面だけではありません。

正確もとても重要。大人っぽい性格の特徴を見ていきましょう。

(1)落ち着いている

とにもかくにも、やはり大人っぽい人は落ち着いています。

「落ち着いている」=「大人っぽい」といっても過言ではありません。

声のトーンや仕草、ひとつひとつが落ち着いて見えると「大人っぽいね」という印象になります。

また、最も重要なのが「言葉遣い」。これは(4)で詳しくご紹介します。

(2)感情をコントロールできる

感情を自分でコントロールできない女性は、どうしても子供っぽく見られてしまいます。

たとえば、すぐ怒ったりすぐ泣いてしまう女性も子供っぽく見られがち。ヒステリックな女性のことを「大人げない……」と思うこと、ありますよね。不慮の事態に遭遇したときでも動揺せず、冷静に対応できるのも大人の余裕です。

(3)顔に感情を出さない

嫌いな人を見た途端、顔が変わる人がいます。

それもどこか「大人げない」イメージに繋がります。

大人になれば、嫌な人とも付き合いしなければなりません。

そんなとき、TPOに合わせてしっかりと対応できる人は、大人っぽい性格であると言えます。

(4)言葉遣いが綺麗

大人っぽい性格だね、といわれる理由のひとつがこの「言葉遣い」です。

敬語がしっかり使える、上品な会話を知っている、場の雰囲気に応じて言葉遣いを変えられる。そんな女性は、大人っぽいという印象を放ちます。

とはいえ(1)でもご紹介したように、敬語を使っていても落ち着きがなければ子供っぽいと思われてしまいますし、雑な印象を与えてしまいます。

言葉遣いに関しては、「大人のマナー」として覚えておきたいところです。

 

7:大人っぽい男性の特徴

ここまで女性の「大人っぽい」をご紹介しましたが、男性についてはどうでしょうか? それでは、見ていきましょう。

(1)大人っぽいメンズの髪型

大人っぽいメンズの髪型とは、どのようなものでしょうか?

まず大前提として重要なのが「清潔感」です! おしゃれに見えても目にかかるような前髪は大人っぽいとはいえません。

大人っぽく、カッコよく決めるヘアスタイルの定番といえば、ツーブロックでサイドをすっきりさせたベリーショートやアップバンクスタイルでしょう。

(2)大人っぽい男性の顔

男性の大人っぽい顔の形は、女性と同じく、逆三角形タイプや面長タイプ。

丸顔タイプは女性同様、童顔に見られるため、幼い印象になってしまいます。

男性で大人っぽい雰囲気を出すためには、おでこを出したり、ひげを生やしてみみたり(ただしワイルドでも清潔感は必須)、洗練されたメガネをかけてみたりするなどがオススメです。

(3)大人っぽい男性の性格

大人っぽい男性はスマートで、イメージとしては声のトーンが低く、感情の起伏が少ないというイメージがありますよね。

デートなどでレディファーストな一面を見ると「大人だな……」と感じる人が多いようです。

筆者も大人っぽい男性に惹かれることが多いのですが、注意しなければならないのは、女性から見て大人っぽい男性は、それなりに恋愛の場数を踏んできているということ。

スマートで大人っぽい男性は当然のことながらモテます。隠れチャラ男も多いので、「大人っぽい男性」との恋愛は慎重に!

 

8:まとめ

いかがでしたか?

今回は大人っぽくなる方法についてご紹介しました。

「いつまでも可愛くいたい!」という気持ちはあるものの、年齢的に「大人っぽい」雰囲気も取り入れていきたい……という時期がありますよね。

そんなときは上記を参考に、一気に垢抜け!

彼に「アレ? 大人っぽくなった?」と言ってもらえるような、ドキッとする大人っぽい女性を目指してくださいね♡

 

【取材協力】

吉田忍

都内にて芸能系のヘアメイクとして8年間活動した後、拠点を愛知に移す。現在でも関東や東海、関西など、全国各地から依頼が殺到している人気クリエイター。