シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【梅雨に負けない】嗅ぐだけで-4℃!? ジメジメ季節は「ミント」でスゥ~

蒸し暑い時期になってきましたね。少しでも快適に過ごせるように小さな工夫をしている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、香りを嗅ぐだけで体感温度が-4℃にもなるという、ミントの活用法についてご紹介します。

 【梅雨対策の人気記事はこちらから】 

 

■冷房を入れる前にミントの香りをひと嗅ぎ

精油で有名な『ニールズヤード レメディーズ』によると、何の香りも嗅がない状態で水温28℃の水に手を入れて感じる体感温度と、ペパーミントの香りをかいだ状態で水温32℃の水に手を入れて感じる体感温度が同じレベルであり、ペパーミントの香りをかぐことで4℃も体感温度が下がるという実験効果がでています。

ミントの香りを嗅ぐことで32℃の真夏日も、28℃くらいに感じられたらきっと過ごしやすいですよね。冷房をつけ始める前に、ミントティーを入れて、香りでクールダウンしてみるのもよさそうです。

 

■アロマ精油を使うときの絶対NGとは!?

手元にペパーミントの精油があるという人は、それをハンカチに数的垂らしたり、ティッシュに垂らして机の上に置いてみてください。

それだけで周囲に香りが充満するのがわかるはず。アロマオイルは希釈して使うように作られています。直接肌につけるとトラブルの元になるので、絶対にやめましょう。

 

■デザートにミントの入ったものを選ぶメリット

食後のデザートにミントの葉が乗っていたら、よけてしまっていませんか? 実はそれ、3つの大きなメリットを逃してしまう、もったいない行為かもしれません。

(1)口臭予防

ミントに含まれるメントールは、歯磨き粉として古くから使われていますよね。ミントに含まれる成分は口内をすっきりさせ、歯茎の収斂にも効果があることがわかっています。

(2)胃腸を整える

ミントの香りには内臓のぜん動運動を整える働きがあるので、食べ過ぎやもたれ感を軽減してくれる可能性があります。

(3)風邪などのウィルス除去(完璧には取り除けません)

殺菌作用を含むため、空気感染をしやすいウィルスの除去に効果が望めます。

 

ミントの葉をそのまま食べることに抵抗があったら、口の中に入れて出すなどしてみてください。食後の後味を爽やかにできて、口臭も予防できるはずですよ。

 

【参考】

※ 蒸し暑い季節をすっきり快適に。-4℃のクールダウン効果にミントはいかが? – 株式会社ニールズヤード レメディーズ