シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【意外すぎ】紅茶の国イギリスには「アイスティー」が存在しない!? アイスティーは英国ではなくアメリカ生まれなんだって

本日11月1日は、「紅茶の日」です。こんな日は美味しい紅茶でも入れて、ほっこり優雅なティータイムを楽しみたいものですよね♪

ところで……紅茶の国と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、ティータイム文化のあるイギリスなのではないでしょうか。けれどティーはティーでも、ホットではなくアイスティーは、イギリスではなくアメリカ生まれらしいのです。

アイスティーはアメリカ生まれ

この件に関して書かれているのは、「日東紅茶」のホームページ。

なんでもアイスティーが生まれたのは1904年、アメリカのセントルイスで開かれた博覧会とのこと。あるイギリス人がインド紅茶普及のためホットティーを提供していたところ、猛暑のためかホットティーに関心を持ってくれる人がいなかったのだそうです。

そこでグラスに氷を入れてホットティーを注いでアイスティーに作りかえたところ、たちまち大盛況に。これが、アイスティーの始まりだといわれているんですって。

【イギリスに住んでいた人に聞いてみた】

アイスティーは、イギリスではなくアメリカ生まれ。これに関して、イギリスに住んでいたことのある友人Aに話を聞いてみたところ、次のような答えが返ってまりました。

「そういえばイギリスに住んでいたときは、アイスティーを見かけなかったなぁ。イギリスで “紅茶を頼む” って言ったら、ホットしかない。わざわざアイスティーを頼んだこともない」

ほうほう……見かけなかった、ですか! やはりイギリスの方にとっての認識は「紅茶=ホットティー」なのかもしれませんね。

【ついでにフランス在住の人にも聞いてみた】

参考までに、イギリスのご近所・フランス在住の友人Bにも話を聞いてみたのですが、「フランスではアイスティーはおろか、アイスコーヒーも見かけないかも」という返答が!

B曰く、「フランスは夏でも平均気温が30度以上にならない、比較的涼しい地域。ひょっとすると、こういった気候が影響しているのかも?」とのことでしたが、果たして真相はどうなのでしょうか。

【続報を待て】

Pouch編集部では現地の詳しい紅茶事情について、イギリス人に引き続き調査中です。アイスティーのことをどう思っているのか? 暑い日は何を飲んでいるのか? などなどわかり次第お伝えします!

参照元:日東紅茶
画像:Pouch編集部
執筆=田端あんじ (c)Pouch