シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【想定外】大阪で買った「呼吸チョコ」が激ウマ!! 変な名前と思いきや大阪に戻って買い占めたくなるレベルでした


これまで大阪みやげとしてHAPPY Turn’scororo、柿の種「タネビッツ」とご紹介してきましたが、どれも人気菓子の高級バージョンだけあってさすがの味わい。人気の大阪みやげとなるのも納得です。

……しかーし! 私が今回おみやげとして買った中で、ダントツで、そしてモーレツに激オシしたくなった品は予想外のところにありました。帰りの新幹線に乗る際、駅のホームで見つけた「呼吸チョコ」。この謎ネーミングのチョコレートこそが、食べた瞬間に衝撃を受けるほどのおいしさだったのです……!!

【大阪みやげの新定番】

お菓子の専門店「まるしげ」が20年以上前から販売しているという「呼吸チョコ」。この不思議なネーミングは「息づくほど新鮮なうちに味わってもらいたい」との思いからつけられたそう。……なーんだ、大阪なだけにてっきり「高級」と「呼吸」をかけた高度なダジャレか何かと思ってたよ!

それが最近では大阪みやげの新定番として大人気に! 外国人観光客にも好評なのだとか。たしかに大阪も東京同様、海外からの観光客が多くて驚きましたが、手軽なおみやげとして「呼吸チョコ」を爆買いしていく姿が想像できます。

【1番人気はティラミス風味の北新地味】

「呼吸チョコ」にはいくつか種類があるのですが、私が買ったのはいちばん人気だという「北新地(ココア)」味

1個ずつ個包装になっている包みを開けると、中からは茶色い楕円形のチョコが出てきました。これ、アーモンドをマスカルポーネチーズクリームで包み、ココアパウダーでコーティングしたティラミスチョコレートなのだそう。


食べてみると、香ばしいアーモンドにコクのあるマスカルポーネチーズ、そしてちょっとほろ苦いココアパウダーが絶妙な組合せとなって口の中で楽しめます。しつこくない上品な甘さで、ついつい次々に手が出てしまう……! 気づけば5個ぐらいあっという間に消えてました。

パッケージが庶民的なだけに、なおさら想定外のおいしさとして衝撃も大きいです。

【バナナや抹茶、きな粉味も美味しそう…!】

まるしげのホームページを見ると、神戸北野(コーヒー)、京都祇園(抹茶)、奈良吉野(きな粉)、贅沢バナナ、そして期間限定のいちごとバラエティ豊か! 名前の多くが関西の地名にちなんでるのがユニークですね。

Instagram Photo

もうね、私はホントに悔やみました。なぜ私はあのとき1袋しか買ってこなかったのか。なんなら「北新地(ココア)」はあと3か月ぐらい毎日食べ続けたいし、他のも全種類食べてみたい。大阪でしか買えないんだぞ、バカバカバカ……!!

……と思ったら、調べたところ東京では有楽町の交通会館1階にあるアンテナショップ「大阪百貨店」で買えるそう! 幸せって案外身近なところにあるんですね。近いうちにかならず買いにいくわ……!

とはいえ、やはり大阪以外での入手は困難。もし大阪に行くなら「呼吸チョコ」は何がなんでもゲットすべし! 購入はお菓子屋さんの「まるしげ」のショップ(いろんなところにあって、東京でよく見る「おかしのまちおか」に似ている感じでした)、もしくは通販サイトにてどうぞ。私は新大阪駅のホームにある売店で買ったので、新幹線ユーザーはそちらをチェックしてみてもよいかも!

参考:お菓子の専門店「まるしげ」大阪百貨店
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch