シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【平野レミ伝説】放送事故じゃない! 鯛が直立した「おったて鯛」のビジュアルに全視聴者がザワつくも「今年も天才」と納得する


「ブロッコリーのたらこソース」「野菜どんだけ森」などの “衝撃レシピ” を披露するたび、ネットで話題に。一部のファンからは親しみを込めて “歩く放送事故” と呼ばれている料理愛好家の平野レミさんが、正月早々またもや伝説を作っていたようです。

レミさんが登場したのは、2018年1月8日の朝8時15分からNHK総合で生放送された、『ぽかぽか家族に福きたる! 平野レミの早わざレシピ』。

出演者の中山秀征さん、吉田羊さん、鈴木福くんたちが見守るなかで披露されたのは全13品。たったの69分ですべてのメニューを作り上げたレミさんでしたが、中でもひときわ目を惹く料理がありまして……。ネットがたちまちザワついたんですよね。

【立った立った! 鯛が立った!】

メニューの名は、「おったて鯛」。名前のとおり、お魚の鯛が “頭を上にした状態でまっすぐ立っている” ビジュアルが最大の特徴です。

切り込みを入れてオーブンで焼いた鯛を、そのまま土台となる大根にブッ刺すという大胆さは、レミさんならでは。

仕上げに、鯛の頭の上からとろ~りあんかけをかけていただくわけなのですが、取り分けるときも鯛を横たえさせることなく立たせたまま。そんなところにも度肝を抜かれてしまう料理です。

【立たせるの、お好きなんですね】

それにしても、なぜ立たせなければならないのか。めでたい感じはするけれど、立たされた鯛のほうもきっと、混乱しているに違いない……。

目にした瞬間、ありとあらゆる思いが胸の内を交錯する「おったて鯛」には、「今年の平野レミ伝説はおったて鯛」「平野レミさんの歴史に新たな1ページが」「歴史的瞬間をみてしまった」「今年も天才」といった具合にコメントが殺到。

期待を裏切らないどころか、易々と超えてくるレミさんに、称賛の声が寄せられていたことは言うまでもありません。

【驚きのメニューがほかにも】

ちなみに、この日披露されたメニューは “衝撃に次ぐ衝撃” といった感じで、出演者の福くんも戸惑い気味だった印象。

当たりの野菜を引っこ抜いたら中からカレーがあふれ出してくる “カボチャ版・黒ひげ危機一髪” みたいな「華麗の滝 in かぼちゃ」。ニラやパクチーなど、香りの強い野菜を入れた「七臭がゆ」や、以前、TBSテレビ「マツコの知らない世界」でも紹介されていた「人参のまるごと蒸し」など、見ごたえ満点でございました。

料理は自由で、楽しいもの。大切なことに気づかせてくれると同時にワクワクと笑いを提供してくれるレミさんは、やっぱり唯一無二の料理愛好家だわ~!

参照元:NHKTwitter @Remi_HiranoTwitter検索「平野レミ 鯛」Twitter検索「平野レミ」
執筆=田端あんじ (c)Pouch