シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【女子の憧れ!】付き合う前のカップルの胸キュンシーン4つ

夏は男女が恋愛に発展しやすい季節。特に付き合う前の一緒に過ごす時間って特別なものですよね。そんな初々しい時期だからこそ、「女子が憧れる理想のシチュエーション」もきっとあるはず! そこで今回は「交際前の胸キュンシーン」についてご紹介します。

付き合う前のカップルの胸キュンシーン

「はぐれないように」と手を差し伸べられる

「お祭りではぐれそうになって『すぐどっか行っちゃうんだから』とか言われながら手をつながれたい!」(20代/学生)

▽ お祭りや花火大会などの混雑を理由に、彼が手をつないでくれたらキュンキュンしますよね! ちょっと恥ずかしそうな彼の横顔を思い出しては、夜も眠れなくなってしまいそうです。

「貸して」と重い荷物を持ってくれる

「みんなでバーベキューをすることになり、スーパーへ買い出しに行ったのですが、私の買い物袋はジュースが何本か入っていて重たくて……。そうしたら男友達がいち早く気づいてくれて、何も言わずに荷物を持ってくれたんです。私が『ゴメン重いでしょ? ○○くんの荷物持つよ』と言ったら、『別に重くないからいいよ』とひとこと。もうキュンときましたね」(20代/接客)

▽ 彼の不器用だけどさりげない優しさにドキッとしますよね。重たい荷物を片手で持つ彼を見ていると、「やっぱり男子なんだな……」と思ってしまいます。

「寝ていていいよ」と電車で肩をかしてくれる

「遊び疲れてしまい、ついつい電車でウトウト……。でも隣にいる男友達に寄りかかったら悪いと思い、頑張って起きていたんです。そしたら男友達が『眠かったら寝ていていいからね』と言ってくれて。そのセリフに安心してしまったのか、最寄り駅まで彼の肩をかりて寝てしまいました」(20代/アパレル)

▽ 女性が疲れているとわかっていて、このセリフを言ってくれたことにキュンキュンしますよね。彼の優しさが伝わるのはもちろん、一緒にいてもムリに気を使わなくていいのがわかり、より彼のことが好きになりそう。もしかしたら寄りかかられた彼のほうが、距離の近さに思わずドキドキしていたかもしれませんね。

「次はふたりで行こっか」と誘われる

「大人数で花火大会へ行った帰り道、気になっていた男子からボソッと『今度はふたりで行こっか』と言われたこと。すごく胸キュンしたし、浴衣も髪型も頑張ってよかった! って思いました」(20代/学生)

▽ これはもうデートのお誘いですもんね! いつもみんなで出かけるのが当たり前だと「これは友達としか思われていないのかな……」と不安になるもの。だからこそ「次はふたりで」と言われると、この上なく幸せな気持ちになります。キュンキュンすると同時に、今まで一途に頑張ってきてよかったと思うのです。