シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【夏のドリンク】爽やか「フルーツビール」 を作りたい! ビールにいろんなフルーツを漬けてみたよ!

beer1

ビアガーデンに海の家、バーベキューに花火大会など、夏はビール好きにはたまらない季節です。休日には昼間からゴクゴクしちゃいたい気分! でも女子のなかには「ビールの苦みがちょっと……。」「ジュース感覚で飲めるサワーやカクテルの方が好き」という方も、いらっしゃることでしょう。

ビールと果物を混ぜたら、ビール派もカクテル派も満足できそうな「なんちゃってフルーツビール」ができちゃうんじゃないの!?

思い立ったが吉日、果実感たっぷりのフルーツビールが自宅でも作れるのか、実験してみることにしました。

【ハイネケンとヒューガルテンホワイトを使って、いざ実験! 】

調べてみると、市販の「フルーツビール」はアルコール度数5%以下のものが多い模様。度数が低い方が、サラッと仕上がるのかもしれません。

そこで、アルコール度数5%の「ハイネケン」と、4.9%の小麦のビール(国内では発泡酒扱いですが)「ヒューガルデン ホワイト」を購入してみました。

ちなみに「ヒューガルデン ホワイト」の本場ヨーロッパでは、ヒューガルデンをベースにしたフルーツビールがたくさん出回っています。そもそもヒューガルデンはオレンジピールが配合されたビールだし、ヨーロッパではレモンを入れて飲むし、きっとフルーツによく合うはず……!

用意したのは、ハイネケン、ヒューガルデン ホワイト、今が旬の桃、オレンジ、レモン、そしてミント。

beer2

まずはフルーツをカットします。

beer3

グラスに果物を入れて、ビールを注ぎ入れれば完成……のはず。

ハイネケンで作ったほうから味見してみましょう。
beer4

おぉ! これは、そのまま飲むよりもずっとフルーティーな仕上がり!! 柑橘系果物の甘さがビールの苦みを中和している感じです。ミントの香りも調和して、かなり爽やか。

それでは続いて、ヒューガルデンに参りましょう。
beer5

あ……あれれ? もともとヒューガルデン自体がフルーティーなせいでしょうか、フルーツの良さがそれほど分からないかも。これはちょっと意外な展開です。

ビールを注いでしまったら、なるべくすぐに飲むのがおすすめですが、10分ぐらい経ってから飲むと、どちらもフルーツの味と香りが引き立つ感じがしました。本気でビールが苦手な方は、オレンジを絞って加えると飲みやすくなりますよ。

フルーツが入ると、ビールも一気に女子の飲み物っぽくなります。ビール好きな方はもちろん、苦手な方でもきっと楽しんでいただけるはず!

撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

画像をもっと見る

オリジナル記事: 【夏のドリンク】爽やか「フルーツビール」 を作りたい! ビールにいろんなフルーツを漬けてみたよ!
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事