シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【台風18号による歴史的被害】東京都内でも避難勧告・避難準備の警告が! ツイッターで見る「台風に伴う豪雨の影響」

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK78_amenosibuya20141220150640-thumb-1000xauto-17977

日本列島を縦断した台風18号。

これに伴って起きた豪雨の影響により、栃木県と茨城県に大雨特別警報が発令。茨城県では鬼怒川の堤防が決壊、多数の住民が浸水した住宅街に取り残されるなど、歴史的被害を生む結果となりました。

東京都内も、大田区・品川区・八王子市に避難勧告、港区の一部地域に避難準備情報が出されるなど、近年まれに見る状況となった9日(水)夜。

大雨の脅威をとらえた映像および画像が、この日続々、ツイッターに投稿されておりました。

【各地の河川が氾濫寸前】

大雨による増水で水位が上昇、氾濫寸前となった多摩川付近。

一方で世田谷区などを流れる目黒川の水位も上昇し、一部では橋が通行止め状態に。冠水および浸水の被害が心配されました。

【停電が発生した地域も】

また地域によっては、台風による大雨が原因と思われる停電も、発生していた模様。

【都内のいたるところで200ミリを超える総雨量を記録】

気象庁の災害情報によると、降り始めの7日18時から9日22時までの主な総雨量は、いずれもアメダスによる速報値で、千代田区北の丸公園が220.0ミリ。世田谷区岡本が203.0ミリ、練馬区石神井台が200.0ミリ。

【地盤が緩んでいるため注意が必要】

11日(金)朝現在は天気も回復し爽やかな風が吹いておりますが、これまでの大雨により地盤が緩んでいる地域も複数あるようですので、引き続き土砂災害などに十分にお気をつけください。

【被害に遭われた茨城県の方々を支援しよう】

なお現在、このたびの台風被害に遭われた茨城県住民の方々を支援するため、Yahoo!基金で緊急募金を受け付けている模様。

あなたが寄付した額と同じ額をYahoo! JAPANが寄付、額が2倍になるとのこと。被害に遭われたみなさまが少しでも早く元の生活に戻れるよう、ぜひこちらも合わせて、チェックしてみてくださいね。

参照元:気象庁 気象庁 NHKニュース Yahoo!ネット基金
画像:ぱくたそ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る

オリジナル記事: 【台風18号による歴史的被害】東京都内でも避難勧告・避難準備の警告が! ツイッターで見る「台風に伴う豪雨の影響」
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事