シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【動画】ピクサーってやっぱりスンゴイ! 名作で振り返る「キャラクターたちの豊かすぎる感情表現」

pixar

喜び、悲しみ、怒り、そして恐怖と絶望。人間には様々な感情があり、その思いの強さは、必ず表情に表れてくるもの。

本日ご紹介するのは、動画サイトVimeoに投稿されていた注目作「Emotions Of Pixar」

Lindsay McCutcheon(リンジー ・マカッチャン)さんによって編集された本作品では、米ピクサー・アニメーション・スタジオが制作してきた名作映画をフィーチャー。登場するキャラクターたちや、彼らのめまぐるしく変化する、あらゆる感情をギュギュっと詰め込んだ、必見の1本となっております。

【名作が続々登場! ピクサーの表現力に脱帽です】

日本でも大ヒットした「トイ・ストーリー」シリーズに、「ファインディング・ニモ」。「カールじいさんの空飛ぶ家」に、「Mr.インクレディブル」、そして「メリダとおそろしの森」。

また「バグズ・ライフ」「モンスターズ・インク」「カーズ」「レミーのおいしいレストラン」「WALL・E/ウォーリー」などなど、登場するピクサー作品すべてに共通するのは、キャラクターたちが見せる豊かな感情表現です。

【生身の人間同様、目がすべてを語っています】

人間はもちろん、動物であろうと魚であろうと、そしてモンスター、あるいはオモチャであろうと、みな瞳を見つめるだけでどんな思いを抱いているのか、そのことが手に取るようにわかるんですよね。

いやそれどころか、彼らに感情移入しすぎて、見ているこちら側も彼らの姿に一喜一憂しちゃうのよ……!

【挿入曲による演出もたまらないっ】

覆面歌手・Sia(シーア)さんの楽曲「Breathe Me」では悲しみや絶望を、また「ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ」の楽曲「You Know We Can’t Go Back」では喜びや愛を。これらの挿入曲で、中盤から場面が一転するところも、またドラマチック。

沈んでいた気持ちが一気にハッピーモードへと変化する演出にも注目しつつ、それではさっそく、ご覧になってみてくださいね~!

参照元:Vimeo 「Emotions Of Pixar」
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る

オリジナル記事: 【動画】ピクサーってやっぱりスンゴイ! 名作で振り返る「キャラクターたちの豊かすぎる感情表現」
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事