シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【マンネリ打破】4月14日はカップルが愛を深める「オレンジデー」♡ オレンジやオレンジ色のものをプレゼントしあうんだって

本日4月14日は「オレンジデー」。愛媛県の柑橘類生産農家が1994年に制定、2009年5月にはJA全農えひめが日本記念日協会に登録した記念日で、カップルとなった2人の愛情をより確かなものとする日なのだそうです。

オレンジデーは2月14日「バレンタインデー」、そして3月14日「ホワイトデー」の、1カ月後に設定されています。

「バレンタインデーに愛を告白して、ホワイトデーにその返事をする」といった一連の流れを経てからのオレンジデーは、愛を確かなものとするにはふさわしい日! なんでもこの日はお互いに、オレンジまたはオレンジ色のプレゼントを贈り合うことで、愛を深めるんですって。

【オレンジ=愛のシンボル!】

たくさんの果実を実らせるオレンジは、欧米では「繁栄」や「多産」のシンボル。花嫁が結婚式でオレンジの花を身に着ける風習があったり、花言葉が「花嫁の心」「純潔」「寛大」だったりと、ことごとく “結婚” のイメージと結びついているんです。

つまりオレンジは、「愛のシンボル」。すっかり見慣れているオレンジですが、1度「愛のシンボル」だと認識すると、一気に尊い存在に思えてくるから不思議です。

【仲を強固なものにする「きっかけ」づくりには最適かも♡】

甘酸っぱいオレンジをプレゼントしあって、一緒にほお張るもよし。2人で買い物に出かけて、オレンジ色のアイテムを選び合うもよし。

ラブラブなカップルはもちろん、「いま倦怠期!」というカップルも、オレンジデーにちなんで愛を深めるべく、歩み寄ってみるといいかもしれませんね。

【思い切ってプロポーズしちゃう!?】

ちなみに……JA全農えひめのホームページによれば、欧米では男性がオレンジの実を持ってプロポーズをする習慣もある、とのこと。

というわけでもしもプロポーズをしようと考えているならば、記念日に乗っかって、いっそ今日しちゃうというのもテですよ。もちろん、女性からの逆プロポーズもアリだと思いま~す!

参照元:今日は何の日JA全農えひめ
画像:Pouch編集部
執筆=田端あんじ (c)Pouch