シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【マジかよ】余分なアレコレを体内で吸着&デトックス♪ アメリカで「炭を食べる」ダイエットが流行っているらしい!

sumi1

日々、新種のダイエットが登場し続けているアメリカにおいて、なんとも珍しいダイエット法が登場。話題になっているみたい。

その名も『炭ダイエット(カーボンダイエット)』、 “炭を食べて痩せよう!” とのことなのですが……一体ぜんたいどゆことですか!?

【活性炭の持つ効果】

炭を800〜950℃の温度で高温炭化、微細な穴を多数持たせ、普通の炭よりも多くの物質を吸着させることを可能にしたのが、活性炭。

そのためバーベキューの熱源としてはもちろん消臭効果および浄水効果にも優れており、この特徴を利用し商品化されたものは、「脱臭剤」「浄水機」「空気清浄機」「紙巻きたばこのフィルター」「洗顔料」「歯磨き粉」など様々!

【炭でデトックスしちゃお♪】

そんな活性炭の吸着作用が体内に入るとデトックス効果を発揮するらしく、ハリウッドセレブなど美に強い関心を抱いている女性たちがこぞって、ヘルシージュース店で炭入りの「チャコール(炭)」をオーダーしているのだとか。

【目指せ、腸内美人!】

余分な糖質や脂質、毒素を吸着して、排出。さらには腸内の毒素も吸着し、便通を良くする効果があると考えられている、活性炭。そう聞くと俄然、トライしてみたくなっちゃうよね!

sumi2

【経験者の記者からここで忠告です】

有害物質を誤って飲み込んでしまった際に経口投与を行い吸着・排出に使われるなど、医療現場でも使われてきた活性炭だけに、期待も大っ。だけど……ひとつだけ、忠告しておきたいことがあるの

実は記者(私)、美容というよりも健康という側面から、かつて炭を食していたことがありまして、このとき驚いたのが “便の色” 。当たり前っちゃ当たり前のことなのですが、便器、真っ黒になります。ちょっと引いてしまうくらい、真っ黒になります。大事なことなので2回言いました、ハイ。

【パンやお菓子に混ぜ込むのも◎】

なお活性炭は、そのままガリガリ食べるわけではなく、食用に加工された粉末がございますので、どうぞご安心を。

ドリンクにはもちろん、「パンやお菓子に混ぜ込んで焼きあげる」といった調理法もおススメなので、気になった方は試してみてね!

参照元:PR TIMES
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る

オリジナル記事: 【マジかよ】余分なアレコレを体内で吸着&デトックス♪ アメリカで「炭を食べる」ダイエットが流行っているらしい!
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事