シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【プロが伝授】メイクの持久力をUP!ドロドロ顔を救う4ステップ

夕方、気がついたら目の下がパンダ、肌がテカテカの脂ギッシュに……! なんて残念なことになっていませんか? ただファンデーションを重ねてメイク直しをしただけでは、時間がたつにつれてもっとドロドロに崩れてきてしまいます。そこで今回は、メイクの持久力が上がる、簡単メイク直し術をご紹介いたします。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report


(1)水分補給で油分を落ち着かせる

まずは一旦油分を落ち着かせるためにも、メイク直しにはスプレー式の化粧水を使いましょう。化粧水で肌に水分を補給すると、乾燥が和らぎ、また化粧水による冷却効果で、肌が冷え、油分の分泌を抑えることができます。


(2)余分な油分はティッシュオフ

肌の水分補給時をしたら、水分と一緒に余分な油分をティッシュでオフすると、さらにテカリを防げます。
この時ティッシュは三角に折り、顔の半分ずつを一気に抑えましょう。ティッシュを小さく畳んで何度も強く押さえたり、こすったりすると肌へダメージを与えてしまいますし、メイクがどんどん禿げていってしまうので、注意しましょう。


(3)パンダ目は綿棒で

マスカラやアイラインの滲みは綿棒でオフしましょう。ウォータープルーフタイプのアイテムなど、綿棒だけでは落ちにくい時はリキッドファンデーションを綿棒の先端に少量つけると落ちやすくなります。また、禿げたファンデーションを足すこともできるので、一石二鳥!
試供品などでもらう小さいクリームの容器などにリキッドファンデーションを少量入れて持ち歩くと、荷物にならずいざという時に便利ですよ。


(4)ファンデーションの足し塗りは最小限に

(3)まで終わったところで初めてファンデーションを足し塗りしていきます。
ファンデーションは油分でできており、つけすぎると顔の油分と合わさりメイク崩れの原因になってしまいます。またせっかく水分を与えたのに、ファンデーションを塗りすぎて乾燥しすぎてしまうと、また油分がたくさん出てしまい、悪循環になるので注意しましょう。
鏡をよく見て、ファンデーションが取れてしまっているところだけに足しましょう。


いかがでしたでしょうか? 水分を与える一手間で、その後のメイク持ち、くすみもリセットすることができますので、是非お試しください。


(中花絵里香)