シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【バーテンダーにもご注目】大人気 “100年の歴史” シリーズに新作が登場! 今回のテーマは「カクテル」だよ〜☆

100

“100年シリーズ” でおなじみの「Mode」が、最新作を動画サイトYouTubeに投稿。今度のテーマは、なんと「カクテル」! 

楽しみながらカクテルの名前を覚えられる、酒呑み女子必見の内容となっておりますよ〜。

【 “カクテルの女王” からスタート☆】

1915年に登場したのは通称 “カクテルの女王” 、ウィスキーがベースのカクテル「マンハッタン」。続く20年代は「シャンパンカクテル」、30年代はトマトジュース × ウォッカの組み合わせが味わい深い「ブラッディー・マリー」。

耳馴染みのあるカクテルが続々登場するなか、ひそかに変化しているバーテンダーのスタイルにも、要注目よ。

【画面が白黒からカラーへ】

40年代はアロハに着替えたバーテンダーが作る、南国ムードたっぷりのラムベースカクテル「マイタイ」。50年代は定番中の定番、 “カクテルの王様” こと「マティーニ」が登場。

ここから画面も白黒からカラーへチェンジ、ムードも一気に、現代へと近づいてまいりました。

【80&90年代のカクテルはアルコール度数強め!】

続いて60年代は「ウィスキーサワー」、70年代はウォッカベースのロングカクテル「ハーベイ・ウォールバンガー」。

そして80年代は、またまたアロハスタイルにお着替え。ショットグラスにカルーア&ベイリーズ&グランマ二エを同量ずつ注いだ甘〜いカクテル、「B-52」がお目見え。

90年代は「ロングアイランド(ロングアイランド・アイスティー)」と、アルコール度数強めなカクテルが2種、続きます。

【「SATC」で有名になったあのカクテルも】

いよいよ2000年代、こちらに登場するのは大流行した海外ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティー』で一躍有名になったカクテル、「コスモポリタン」。

ラストを飾る2015年は、1番始めに登場したカクテル同様、ウィスキーベースのカクテル「オールド・ファッションド」でした。

【さて、今夜はなにを飲もう♪】

いやいやそれにしても、なんだか動画を眺めているだけで、ほろ酔いになってきちゃったわ……。今宵のカクテルタイムはぜひ、この11種類の中から気にいったものをチョイス、大人の時間を過ごされてみてはいかがでしょうか。

参照元:YouTube(Mode)
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る

オリジナル記事: 【バーテンダーにもご注目】大人気 “100年の歴史” シリーズに新作が登場! 今回のテーマは「カクテル」だよ〜☆
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事