シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【ハンパないって!!】12歳で身長200cm超えの少年がバスケ試合に参加した様子がスゴすぎる…相手チームも戦意喪失しちゃってます

スポーツに青春を捧げる若者を見ているだけで胸がじーんとしてしまうのは、ミドサーという年齢になったからなのでしょうか。汗を流し奮闘する姿は、たとえ泥臭くてカッコ悪かったとしても、それだけで輝いて見えるものです。

だけど正直、今回紹介する動画を観たときだけは、感動というよりも驚きのほうが大きかったんですよね。

だって動画の中でバスケしている少年たちの中に、1人だけ2m超えの選手が混じっていたんですもの……!

【こんな簡単にダンク決める12歳いないっしょ】

カナダ生まれの12歳、オリバー・リウー(Olivier Rioux)くんは、バスケットボールチーム「Frenchy Phenoms」に所属するプレイヤー。身長2.13mという圧倒的に恵まれた体を武器に、次々とダンクシュートを決める様子が、YouTubeで公開されています。

見たところ、子供用でゴールが低く設定してあることもあり、とにかく身長が高いオリバーくんは、ダンクシュートといっても、ほとんどジャンプはしておらず “置きに行っている” だけ。まるで棚に物を置くかのごとく、「ポン」とシュートしている姿が、目に焼き付いて離れません~っ。

【ディフェンスだってお手のもの】

ダンクシュートのみならずロングシュートも華麗に決めるオリバーくんは、ディフェンスも大得意。『スラムダンク』に出てくる “ハエ叩き” よろしく、バシーン!とボールを手で跳ね返し、いとも簡単にゴールを死守しているんです。

【相手チームの表情にじわじわ】

活躍に次ぐ活躍で、オリバーくんを追いかけるディフェンス陣の表情がことごとく “死んでいる” のがちょっとかわいそうかも。でもここまで規格外な選手を目の当たりにしたら、まあ、こんな顔になっちゃうわな~。

もしもわたしがオリバーくんと対戦することになったら、あまりにも勝ち目がなさすぎて、試合前に戦意喪失することでしょう。オリバーくんが今後バスケ選手としてどのような成長を遂げるのか、非常に楽しみです……!

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch