シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【ネタバレあり】初登場1位になった『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』はアニメ未見でも楽しめる妖怪と人間の人情話です


【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします

今回ピックアップするのは映画興収ランキング初登場第1位となったアニメ映画『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』(2018年9月29日公開)です。

本作をノーマークだった自分は「興収1位!」と知ってビックリ! も~慌てて劇場へ見に行きましたよ!お恥ずかしながら『夏目友人帳』のことを全然知らなかったアニメ無知な私。そんな自分でも楽しめるのか、原作未読でもわかるのか。そのあたりに注目して鑑賞してきました!

【物語】

高校生の夏目貴志は、他の人たちには見えないものが見えます。その正体は妖(あやかし)。妖たちは貴志が持っている「夏目友人帳」を求めて貴志を追っています。その友人帳には、彼の亡き祖母・夏目レイコが妖から奪った名前が記されており、妖は名前を取り戻すべく、貴志を追いかけていたのです。

そんなある日、貴志は、切り絵作家の容莉枝とその息子の椋雄と出会います。どこか浮世離れした椋雄が気になる貴志……。一方、用心棒の妖、ニャンコ先生は、体が3匹の子猫に分裂するという事態に!

【アニメ通じゃなくても楽しめる妖怪奇譚】

何の情報も入れないまま、本作を鑑賞したのですが、想像以上に楽しかったです。日本アニメの世界は奥深く、さまざまな作品が劇場公開されていますが、なんとなく「ジブリ系以外は、アニメ通じゃないと楽しめないんじゃないかな~」と思っていました。でも『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』は、原作漫画を知らなくても、アニメ放映を見たことなくても無問題! とてもわかりやすく、楽しく、人間と妖怪が交流している様子がとても微笑ましくてよいのです。

【孤独な祖母の血を受け継いだ主人公・夏目貴志】

個人的に、この映画は貴志と祖母レイコの時空を超えた交流を描いているのかなと感じました。レイコと貴志はともに妖の姿が見えて、コミュニケーションがとれますが、周囲に変人扱いされて、人との交流をあきらめたレイコとは違い、貴志は変人扱いされても、その難局を乗り越えます。

また、妖から名前を奪って友人帳に記すことで孤独を癒していたレイコの行為とは逆に、貴志は友人帳に記した妖の名前を返していきます。おばあちゃんが力づくで奪ったものを、孫が返していくのですが、その返し方がかっこいいんですよ。貴志は名前を記した紙を加えて、呪文を唱えて……何気にセクシー。貴志の声を担当している神谷浩史さんのイケメンボイスが炸裂していてウットリです。

【ニャンコ先生のかわいさに癒やされる】

また、用心棒のニャンコ先生もかわいいんですよね~。見た目はまんまるでかわいいのですが、エビ好き酒好きのオッサンキャラ! でもニャンコ先生は仮の姿で、実は斑(まだら)という名の最強の妖! 斑になったときのニャンコ先生はかっこよく、同じ妖なのにこうも変わるかっ!と、その意外性にビックリです。ニャンコ先生はレイコのことを知っているようですが、名前を奪われることはなかった様子。もしかしてレイコが「貴志をよろしくね」とニャンコ先生に託したのではないかと思ったのですが、違うかなあ。

【誰もが楽しめるように演出された、やさしいアニメ】

本作は、妖がたくさん登場しますが、おどろおどろしさは皆無。明るい太陽の下で、楽しかったり、切なかったりするエピソードを軸に展開していきます。妖と人間の間でちょっとした事件が起こりつつも、みんなで協力して一件落着。

悪人も出てこないので、老若男女、誰もが楽しめて、ほんわか温かい気持ちになれる。妖怪と人間の人情噺みたい。そこが魅力なのかもしれません。ちなみに貴志をはじめ、男性キャラはイケメンもいるので萌え要素もあり。女子はそのあたりにも注目してくださいね!

執筆=斎藤 香 (c)Pouch

『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』
(2018年9月29日より、新宿バルト9ほか全国ロードショー)
総監督:大森貴弘
監督:伊藤秀樹
原作:緑川ゆき/月刊LaLa(白泉社)連載
声の出演:神谷浩史、井上和彦、小林沙苗、伊藤美紀、伊藤栄次、高良健吾、島本須美ほか
©緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト