シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【ニキビに漢方】が効くって本当? それってどんな漢方? 女医がズバリ

「身体によい」とのイメージが強い漢方を使用したニキビケアについて、女医が詳しく解説します。

ポツポツと目立つニキビは女性の大敵

目立つばかりでなく、痛みが出たり、潰れた痕が後々まで残ったり…。そんなイヤなことだらけのニキビは、スキンケアを徹底することで予防することもできます。しかし、女性は女性ホルモンの影響でニキビができやすく、ちょっとしたストレスや疲れ、睡眠不足などが発症の引き金になることも…。

もし、ニキビができてしまったらどんな対策を取ればよいかお悩みの女性も多いことでしょう。

【目次】
ニキビに効く漢方って?
ニキビに効く漢方は市販で買える? 病院なら何科?
【ニキビ 漢方】クラシエって何?

ニキビに効く漢方って?

漢方のどのような作用によってニキビが改善するのか、ニキビができる原因と共に詳しく見てみましょう。

ニキビの医学的な正式名称は「尋常性ざ瘡」です。おでこや頬、顎、口周りなど顔にできやすく、思春期を迎えた頃から20代をピークに若者に生じやすい皮膚のできものです。

ニキビの正体は、「毛穴の炎症」

私たちの身体には多くの毛穴が存在しており、毛穴からは汗や皮脂などが分泌されています。皮脂は大量に分泌されると狭い毛穴内に詰まることがあり、その中に皮膚の常在菌が入り込んで増殖すると炎症を引き起こし、詰まった皮脂などで押し上げられて「ポツポツ」になるのです。

また、毛穴内の炎症が悪化すると、「ポツポツ」は赤く目立つようになるばかりでなく痛みを伴うようになります。そしてさらに悪化すと毛穴内に多くの膿が溜まって「ポツポツ」から漏れ出てくることも…。この状態にまで進行すると、皮膚の深層までダメージが加わって痕になってしまうことも少なくありません。

ニキビ
(c)Shutterstock.com

ニキビの2大原因「毛穴詰まり」と「細菌増殖」

以上のように、「ニキビは皮脂の過剰分泌による毛穴詰まり」、「毛穴内での皮膚常在菌の増殖」という2つの大きな原因によって引き起こされているのです。

顔にニキビができやすいのも、皮脂の分泌が多く、化粧汚れなどで毛穴が詰まりやすいからです。また、女性は女性ホルモンの一種であるプロゲステロンの作用によって皮脂の分泌が多くなります。

プロゲステロンは生理前に多く分泌されるホルモンであり、生理前に肌が荒れやすいのはこのプロゲステロンの影響ともいわれています。このようなことからも女性はニキビができやすいのです。

生理前
(c)Shutterstock.com

漢方とニキビについて

一般的によく行われているニキビケアには、消炎作用のある塗り薬、薬効成分が含まれた洗顔料や化粧水などが用いられます。

漢方には、このようにニキビに塗って直接的にその症状を改善させるものはありません。

しかし、上述したようにニキビは皮脂の過剰分泌や細菌の増殖、ホルモンバランスの乱れなどが原因で引き起こされるもの。漢方では、これらの要因を身体の内側から改善することを目指した治療が行われます。

漢方は本来、天然の植物などを用いて作られていますので大きな副作用はないとされています。比較的安心して飲めるのが漢方のメリットの一つです。

しかし、含まれる成分によっては血圧が高くなるなどの副作用が現れることもありますので、長期間にわたって漫然と飲み続けるのは控えましょう。

ニキビに効く漢方は市販で買える? 病院なら何科?

では、実際にどのような漢方がニキビに効くのでしょうか?

薬局やドラッグストアで手軽に購入できる漢方薬

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

化膿を伴う皮疹や皮膚の炎症、蕁麻疹、湿疹などに効果があるとされています。膿が溜まったニキビにも効果があり、できるだけ早い段階で飲むほど効き目は強いとされています。

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

顔にできた皮膚の炎症や皮疹などに効果があるとされています。顔の熱や炎症を取り除く効果があり、熱感をともなう顔の皮膚の病気を改善します。やや炎症が悪化した赤みのあるニキビに効果的です。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

副鼻腔炎や慢性鼻炎、扁桃炎、炎症と伴う顔の皮膚疾患に効果があるとされています。病変部の熱感や腫れを取り除き、血行を改善する作用を持ち、膿や痰などの排出を促します。炎症を伴うニキビにも効果的です。

桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)

女性ホルモンの乱れによって生じる、肩こり、頭重感、めまい、のぼせ、にきび、手足の冷えなどに効果があるとされています。全身の血行を整えて、ニキビ改善すると考えられており、特に生理前後にニキビが目立ちやすくなる人におすすめです。

漢方薬
(c)Shutterstock.com

漢方薬の値段は1日当たり300円〜1000円

これらの漢方薬は手軽に購入することができますが、そのお値段は一日当たり300~1000円ほどです。

また、市販の薬を飲むのに抵抗がある人は、病院で処方してもらうこともできます。受診に適した診療科は漢方専門科ですが、お近くにない場合は一般的な皮膚科や内科でも対応してもらえることもありますのでまずは相談してみましょう。

【ニキビ 漢方】クラシエって何?

「クラシエ」とは、漢方薬を製造・販売する製薬会社の一つ

様々な種類の漢方薬を販売しており、薬局やドラッグストアなどで購入することができます。また、パッケージには、漢方名だけでなく効き目やどのような人に適しているか分かりやすく記載されており、選びやすいのも嬉しいポイント。今回ご紹介した漢方薬も販売されています。

さらに、安全性を重視した製造を行っており、原料となる生薬は厳選されてものが選ばれています。長年のノウハウを生かした高い品質を維持する製造方法を忠実に守り、残存農薬などのチェックも厳密に。

漢方でのニキビケアに興味がある人は、ぜひ一度試してみて下さい。