シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【ようこそ美肌食堂へ】大地の底力を秘めた根菜 ごぼう

ごぼうが持つ”巡らせパワー”。
大地の底力を秘めた根菜の代表選手を、おいしいひと皿に変えてお届けします。

 

 

腸内デトックスや美肌に。
味わい深い冬のごぼうをフレンチ風に変身!

食物繊維やポリフェノールを豊富に含み、腸内をデトックスしたり、血行をよくして美肌づくりをサポートすることから、そのままはもちろん、手軽にとれるごぼう茶など、 健康野菜として注目を集めています。

今回は、和の食材として活用しがちなごぼうを、島田シェフの手でフレンチ風に仕上げました。
簡単にできるのに、思わず「おいしい!」と声が上がるレシピ、お試しあれ!

コンソメで煮詰めるから美味しい!鶏もも肉とごぼうのソテー

●材料(1人分)※ごぼうのソテーは5人分
[ごぼうのソテー]
・ごぼう…1本
・ホワイトバルサミコ…大さじ2

※ホワイトビネガーまたは穀物酢でもOK
・てんさい糖(またはグラニュー糖)…小さじ2
・塩こしょう…少々

[鶏もも肉のソテー]
・鶏もも肉…1枚
・ごぼうソテー…2/5分
・いんげん…4本
・カシューナッツ…20粒
・ホワイトバルサミコ

※ホワイトビネガーまたは穀物酢でもOK
・飾り用クレソン …少々

 

 

●作り方
1.まずは、ごぼうに下味をつける ごぼう1本を細切りにし、コンソメを溶かしたお湯100ccに(市販のコンソメスープの指示どおりに)、ホワイトバルサミコ、てんさい糖、塩、こしょうを入れ、水分がなくなるまで煮詰める。
※甘みは、てんさい糖かグラニュー糖だとコクが出ておすすめ。
2.鶏もも肉を半分に切り、皮を下にした状態で中火で焼く。中まで火が通ったらひっくり返して焼き上げる。
3.鶏肉を取り出したフライパンで、ごぼう、いんげん、カシューナッツを焦がさないように、香ばしくなるまで炒める。
4.3にホワイトバルサミコを加え、煮詰めたらできあがり。
※お皿に盛り付けるときに、フライパンに残ったソースをかけて、クレソンを添えると◎。

ごま油の香りで食欲をそそる!
ごぼうの赤ワインきんぴら

●材料(1人分)
・ごぼう…1本
・れんこん…中1/2本
・赤ワイン…100cc
・はちみつ…大さじ1
・てんさい糖(またはグラニュー糖)…大さじ1
・カルダモン…3粒
・塩…軽く2つまみ
・ごま油 …大さじ2
・こしょう…少々
・セルフィーユまたはパセリ…少々

 

 

●作り方
1.ごぼうは細切り、れんこんは半月切りにし、赤ワイン、ツヤ出しのためのはちみつ、てんさい糖、あればカルダモンを加えて、中火で煮詰め酸味をとばす。
2.煮詰まったら、塩、ごま油、こしょうを加え軽く炒める。ごま油の香りが立てばOK。
3.仕上げに、黒ゴマとセルフィーユ(もしくはパセリ)をかけてできあがり。
 ※洋風きんぴらはたくさん作ったほうがおいしく仕上がります。冷蔵庫で1週間ほど保存が可能なので、多めにチャレンジしてみては。

<レシピ>島田哲也さん

パリの3ツ星レストランで腕を磨き、東京・人形町で「イレール」をオープン。TV「きょうの料理」「料理の鉄人」などに出演多数。

●自然と素朴をテーマにしたビストロ「イレール人形町」

住所:東京都中央区日本橋人形町2-22-2 電話番号:03-3662-0775

 

 

 

<関連記事>
【ようこそ美肌食堂へ】日本が世界に誇る”みそ”
【ようこそ美肌食堂へ】日本の美を支える お米
中身はふっくら、唇でほどける!女将に習うおいしい「おむすび」の結び方