シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

【あなたはどう?】20代から30代は「5年前より目が悪くなった」と約半数が回答しながらも「ケアはしていない」人がほとんど!

me

PCおよびスマートフォンの普及により、明らかに低下したもの。それは、視力……! ここ数年、記者(私)自身も感じているこの問題、どうやら同世代である、20代から30代のみなさん共通のお悩みだった模様。

10月10日「目の愛護デー」に合わせてクリエイティブサーベイ株式会社が実施したのは、目に関する自主調査。20~39歳の男女600名を対象に「若年層の目に関する意識調査」を行ったところ、なんと彼らの約半数が「5年前と比べて目が悪くなった」と回答していたのですっ。

【「PCによる目の疲れ」を訴える人が最も多い】

およそ2人に1人が視力の低下を感じているだなんて、由々しき問題よね。また、デジタル機器のうちPC・スマートフォン・フィーチャーフォン・タブレットの利用による目の疲労具合を聞いてみたところ、PCによる目の疲れを感じている人が合計77%と、最も多かったのだそう。

【1時間ほどのスマホ利用でも「目が疲れる」】

そして、2位のスマートフォンで疲れを感じる人は合計74.4%と、PCと比較すると僅差。しかもスマホに関しては、1、2時間程度の利用が多いにも関わらず、目に疲れを感じている人が多い傾向にあったんですって。

うんうん、よ~くわかります。でも画面を見るのを止められないのがツライところ……。

【でも普段から目のケアを意識的に行っている人は1割のみ】

こんなにも多くの人が「視力の低下」「目の疲労」を感じているのにも関わらず、「あなたは普段、意識的に目のケアを行っていますか?」という質問に対し「行っている」と答えた人は、たったの14.5%。

【7割が「今後はケアしたい」】

しかしながら同時に、およそ7割の人々が「今後ケアに取り組んでいきたい」と回答しておりまして、どうにかしたいと考えている方は思ったよりも多いみたい。

ちなみに記者は、ブルーライトをカットしてくれるPC用メガネを使うようになってから、劇的に目の疲れが緩和されました。ご参考までに!

【積極的に目を労わっていこー!】

PCやスマホは今や、日々の生活から切っても切り離せない存在。仕事で使用していれば、なおのこと自分から進んでケアをするしかありません。

この先、不便を感じないようにするためにも、積極的に目を休めるようにしたいものですね。

参照元:PR TIMES
画像:ぱくたそ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る

オリジナル記事: 【あなたはどう?】20代から30代は「5年前より目が悪くなった」と約半数が回答しながらも「ケアはしていない」人がほとんど!
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事