シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

『肩 have a good day』が迷曲すぎる! 「肩幅が広い人のほうが収入多い〜♪」など肩幅が広い人に関する憧れと偏見の歌詞がヤバい

「肩幅が広い人のほうが 肩幅が狭い人よりも 発言に説得力が増す~♪」

1度聞いたら忘れられないインパクトのある歌詞。どうでもいいことをしんみりと “エエこと言ってる風” に歌い上げた名曲、『肩 have a good day』に出会った時の衝撃は、今も忘れることができません。

この曲を手がけているのは、大阪発のスリーピースロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」です。ボーカルとギターを担当する “こやまたくや” さんが作詞作曲を手がけておりまして、肩幅が広い人に対する偏見のクセが強すぎるんですよね。

【肩幅への憧れと偏見がスゴイ】

先に挙げた「肩幅が広い人のほうが発言に説得力が増す」以外にも、

「(肩幅の広い人のほうが)みんなから支持される」
「(肩幅の広い人のほうが)収入多い」

といった歌詞が続いていく、『肩 have a good day』。

ほかにも「肩幅が広くなったらもっと自分に自信を持って想いを伝えられたかな」と、自信のなさを肩幅のせいにしてみたり。「君の肩幅は僕の2人分 説得力2倍だね」と、肩幅の広さをうらやんでみたり……。

こやまさんてば、一体どんだけ肩幅広い人に憧れを抱いているのでしょうか。

【深いような深くないような、でもやっぱり深いような…】

かと思えば、「肩幅が広すぎると、自分の肩幅感がどんどんわからなくなっていく」と、深いようで実は全然深くないのかもしれないエモいくだりがあったりと、なぜか心に染み入ってくるからスンゴイんです。

「肩幅は違うけれど 歩幅だけはずっと合わせていこう」という歌詞はプロポーズを連想させるしで、うっかり結婚式の余興で歌いかねない魅力があるんですよね……!

【不思議な魅力にハマる人が続出】

妙な説得力と中毒性がツボにハマった人は少なくないようで、MVが投稿されているYouTubeにはコメントが殺到。

「しんみり訳分からんこと歌っててすこ」
「最後らへんGReeeeNみたいやな」
「メロディの感じと歌詞の感じが狩野英孝なんだよな〜笑」

といった具合に、みなさん心を打たれて(?)いたようでした。

【MVもめちゃめちゃジワるから観てほしい】

実はこの曲、歌詞やメロディーなど曲そのものだけでなくMVのジワジワ度も高めなんです。

途中で急に入る “口笛タイム” にもジワるし、終盤のラップ調展開にもジワジワ。さらにはカメラの位置は最初から最後まであまり変化がないのに、実はドローンで撮影されていたという意味のなさにもジワりまくるので、ぜひ最後までご覧になってみてくださ~い♪

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch