シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「雪道はペンギンのように歩きましょう」→ 本物のペンギンは「つま先立ちのままスクワット」して歩いていることが判明

2018年1月22日、関東地方は記録的な大雪に見舞われ、交通機関が大きく乱れました。

その22日前後にツイッターで注目を集めていたのが、ハッシュタグ「#北から目線」。雪の多い北国に住む人や北国出身の人から寄せられた投稿には、雪道の歩き方や防寒のしかたなどが丁寧に記されていて、雪に慣れていない人への温かいアドバイスであふれていました。

なかでも注目されていたのが、通称 “ペンギン歩き” 。やや前かがみになった状態で、靴裏全体でしっかりと重心をかけ、歩幅を狭くしてゆっくり歩くという方法です。

【こっちが本当の “ペンギン歩き” ?】

だけど……東京ズーネットの公式ツイッターによると、本物のペンギンは “ペンギン歩き” していないそう!

ツイッターの投稿に添えられていたのは、東京動物園協会発行「ZOO! どーぶつえんしんぶん」第3号。ペンギンの脚の構造がよくわかる “レントゲン写真” のようなイラストが描かれています。

それによるとペンギンの足のように見えているのは、なんとつま先のみとのこと。人間で言うと「つま先立ちのままスクワットをしたような、中腰の状態で立っている」らしいんです!

つま先立ちでスクワットて……そりゃチョコチョコ歩いているわけだわ。ってか、チョコチョコ歩けるだけでもスンゴイわ~!

【まさかの真相に騒然とするTL】

衝撃の事実を伝えるつぶやきには、「できるかーーーーーい!」「絶対ムリ、目的地着く前に足吊るわ」「道理で転ぶペンギンもいるはずだね」といったコメントが続々と寄せられ、リツイート数7900超、「いいね」の数8900超と、かなり注目されていたようです。

【可愛い顔してそんな苦労をしてたのね…】

ちなみに東京ズーネットによると、つま先立ちといってもバレリーナのような立ち方ではないそうで、実際は「指先から指の付け根まで」を地面につけているんですって。

これは相撲や剣道で深く腰をおろしたときのポーズ、 “そんきょ” の状態に近いそう。この姿勢のまま、やや腰を浮かせて空気椅子のようにした状態にして歩くのが、本物のペンギン歩きのようですよ。改めて、ペンギンすごいっ。

参照元:Twitter @TokyoZooNet_PRTwitter #北から目線
執筆=田端あんじ (c)Pouch