シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「連日飲み会」でもOK!美ボディをキープするための鉄則3つ

「連日飲み会」でもOK!美ボディをキープするための鉄則3つ

忘年会にクリスマスパーティーなど、友達や仲間とお酒を囲むシーズンが近づいてきましたね。ややもすると12月のカレンダーは毎日のように忘年会で埋まってしまっている方もいらっしゃるかと思います。

連日の暴飲暴食は、クリスマスでカレにキレイなカラダを見せたいアナタにとって、大きく立ちはだかる壁です。そんな壁を乗り越えるにはココロとカラダの準備が必要。

今日は『Menjoy!』がこれまで紹介した“飲み会でもダイエットできる方法”をいくつか参考にしながら、美ボディキープのための鉄則を学んでいきましょう。

 

■1:空腹で参加しない

会社帰りにお腹が空いた状態で飲み会に突入してしまうと、正常な判断ができないまま食べたいものをオーダーしがち。とはいえ、太ることを気にして食欲をセーブしてしまうと、かえってストレスとなり、医学的な見地からも“太りやすくなるホルモン”が分泌されると研究でも明らかになっています。

つまり飲み会に行くなら宴会の場で食欲が暴走しないように、事前にお腹のなかに何か入れておくのが正解です。お腹のなかでふくらむダイエットシェイクなどを飲んで、しっかり空腹対策をとっておきましょう。

 

■2:飲むなら白ワイン、割るなら炭酸水

宴会では楽しく酔いたいもの。とはいえ甘いカクテルなどは1杯で150~200kcalと、ちょっとした間食程度のカロリーがあります。

それでもアルコールをカラダのなかに入れたいのであれば、“白ワイン”をチョイスしましょう。

白ワインには“カリウム”が豊富に含まれています。カリウムには体内の余分なナトリウム(塩分)を排出する働きがあります。塩分は脂肪の吸収を促してしまうので、それを排出してくれる白ワインは、ダイエット中の女性には強い味方になります。

また白ワインを炭酸水で割る“スプリッツァ”もオススメです。ワインのカロリーはグラス1杯で約70kcalとカクテルよりは低めなのですが、カロリーゼロの炭酸水で割ることでさらにセーブできちゃいます。

さらに炭酸はお腹のなかでふくらむので満腹感を得られます。宴会のコース料理で“目の前に食べ物があってもガマンしなきゃ”というストレスを軽減できそうですね。

 

■3:翌朝はパープルでキメる

飲み会後に睡眠不足でお肌ボロボロ……。そんな朝には“パープルダイエット”を実行してみましょう。マライア・キャリーも産後にこのダイエットをしたようで、紫色の食べ物に含まれる“アントシアニン”が美貌を維持するのを助けます。

アントシアニンとはポリフェノールの一種で、抗酸化作用によってお肌のトラブルを予防し、お肌のハリとツヤにも効果があると言われています。

食欲の湧かない朝にはブルーベリーやプラムなどの紫フルーツなどをヨーグルトやスムージーにして、前日のアルコールの利尿作用によって失われたビタミンを補いましょう。

 

以上、飲み会続きでも美ボディを保つための鉄則3つのご紹介でした。いかがでしたか? 効率的なカロリーコントロールや効果的に栄養分を摂取することが、美しさの秘訣のようです。きちんと学んでクリスマスにカレを大コーフンさせちゃいましょう!

 

【画像】

photo by : Mark Mitchell