シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「証券会社から起業家へ」角田千佳さんが自分らしいキャリアを見つけるまで

証券や銀行、保険など金融機関で働く20代から30代の女性向けに、「これからの金融女性のキャリアを考える女子会」が1月26日、開催されました。

第1部の講演には、ご近所助け合いアプリ「エニタイムズ」を運営するエニタイムズの代表取締役CEO角田千佳さんが登場。角田さんは、大学卒業後に野村證券へ入社し、サイバーエージェントへの転職を経て2013年に会社を立ち上げた起業家です。

次世代のトップランナーとして順調にキャリアを築いている角田さんですが、これまでどのように仕事と向き合ってきたのでしょうか? そしてこれから先の人生、キャリアをどのように見据えているのでしょうか?

「ライフワークを見つけるまでの私のステップ」と題した角田さんの講演のハイライトをお届けします。

新卒で選んだのは業界大手の証券会社

角田千佳,キャリア (写真=筆者撮影)

角田さんのキャリアに対する考え方の根っことなる部分は小学校時代にさかのぼります。日本人初の国連難民高等弁務官である緒方貞子さんの書籍を読み感銘を受け、「将来は内戦や貧困にあえぐ地域の人を救う仕事がしたい」と漠然と意識するようになったそうです。

その想いを胸に秘め、進学した慶應義塾大学では地域研究に没頭。ユネスコのボランティアに参加するなど、夢に向かってできる限りのチャレンジをし、大学卒業後の進路については「国連の国際公務員になる前に世の中の経済の流れが分かる民間企業で経験を積みたい」と、野村證券に入社しました。

「野村證券はグローバルかつ業界ナンバーワンの企業だったので、ここだったら将来の夢につなげることができそうだなと思ったんです」

証券会社からサイバーエージェントへ転職したきっかけ

角田千佳,キャリア (写真=筆者撮影)

証券会社で配属されたのは本店の資産管理部。個人や法人向けに株や債券の売買、投資信託の提案をする営業をしていました。

証券会社で金融を学んだことで、ビジネスが秘める可能性の大きさを実感するようになったという一方、「利益を出すだけではなく、世の中を変えていくビジネスのインパクトの魅力を感じるようになり、自分もゼロからイチを創りたいと思うようになったんです」(角田さん)。

そこで、2年半で退職を決意、次に向かったのは成長著しいIT企業でした。

「学生時代の縁で、サイバーエージェントから声が掛かりすぐに転職を決めました。PR専門の子会社の創業期に参加できることになり、まさに、ゼロからイチを創る仕事でした」

正社員はまだ4-5人という環境で、毎日たくさんの失敗を重ねながらも、充実した日々だったそうです。

「サイバーエージェントで学んだことの一つは、『固定観念にとらわれない自由な発想』、そしてもう一つは『初めて経験することやハードルにも果敢に挑戦すること』です。

一番驚いたのはチャレンジに対する考え方。失敗を重ねながらもそれを経験にして、何度もチャレンジさせてもらえる環境で、「そうした環境から失敗を恐れないようになりました」(角田さん)。

「開発途上国への想い」が「日本の地域社会への想い」に変化

角田千佳,キャリア (写真=筆者撮影)

決まったルールに縛られず、新たな道を切り拓いていく仕事に楽しさを感じ、自信をつけていった角田さんでしたが、開発途上国への想いがなくなったわけではありませんでした。

「やはり将来は開発援助の仕事をしたいと思っていたので、仕事をしながら開発途上国に足を運びました。ただ、足を運ぶうちに、経済的には貧しくても笑顔で暮らしている人が想像よりも遥かに多いことに気づいたんです」

「経済的な豊かさと幸福度は比例しない」。そう気づいた角田さんにとって、支援したい対象は日本へと変化していきました。

「証券営業していた時にも感じたことですが、現在、日本では高齢化が進んでいます。さらに、単身世帯、共働き世帯が増加する中で、地域で助け合う大切さは増しています。一方、労働市場に参加していない主婦やアクティブシニアの数は増え、『世の中の役に立ちたいけど機会を見いだせない』という人もいますが顕在化していません。これらの課題を同時に解決できる方法はないかと考えました」

このような発想から、角田さんは起業を決意。“ご近所同士の助け合い”をインターネットで実現できないか考え、日常のちょっとした用事を依頼したい人と仕事や地域貢献をしたい人をつなげるアプリ「エニタイムズ』を開発し、会社を立ち上げました。

先が読めない今だからこそ変化を恐れないことが大切

角田千佳,キャリア (写真=筆者撮影)

国連の職員を夢見ていた角田さんが、証券会社時代の挫折やIT企業での成長を経て手にした起業家というオンリーワンのキャリア。経営者として利益を出すだけではなく、世の中を変えたいという熱い想いが角田さんを動かしているようです。

「人生100年時代の働き方が話題です。それにより、これまでは高校・大学を卒業したら定年まで働き、引退生活をするという、大きく3つのステージがありましたが、寿命が延びたことで引退後も長い人生が待っていることになります。私たちは、紋切り型のステージから脱して、新しい働き方・生き方のかたちを、シェアリングエコノミーも通して、提案していきたいと思っています」

強い賢いものではなく、変化に対応できるものが生き残る

最後に、社名の由来を交えて、これからのキャリアを考える女性たちに次のようなメッセージを送ってくれました。

「私は、ダーウィンの言葉と言われている『一番強い賢いものでなく、変化に対応できるものが生き残る』という言葉が好きで。そのため、どんな(Any)世の中(Times)でも柔軟に対応できる会社にしたいという想いを込めて、社名をエニタイムズにしました。

時代や環境が変わっても、自分自身がどんな価値を提供できるのかを考え続けることが大事だと思っています。受け身の姿勢ではなくて、社会の枠や固定観念にとらわれず、自らを変えていくことができる人であれば、どんな環境でも生き残れるはずです」

金融にまつわる事務的な業務も、AIやロボットに置き換えられてしまうとも指摘されています。角田さんは金融機関に在籍していた頃から、そうした議論はあったそうです。

「数年後のことはきっと誰にも分からないです。ですから、その時々に『人がどう思うか』といった受け身の姿勢ではなく、自分自身で良いと思う方を選び、常に変化できる状態に対応できることが大事なのではないでしょうか。私もそのことを心に留めながら、自分らしいキャリアを歩んでいきたいと思っています」

角田さんの講演を聞いた、金融女性の感想

順風満帆とはいかなかったキャリアの船出から、角田さんにしかできない仕事を見つけるまでの道のりを語ってくれた角田さん。その熱いメッセージは、参加者の心にも響いた模様。講演後の感想シェアタイムの時間には、参加者から次のような声が聞かれました。

「貧困問題や社会問題に興味があって生命保険会社に入ったので、角田さんの話に共感しました。自分自身も今後どう生きていきたいか見直したいと思いました」(生命保険会社・営業サポート)

「転職を後ろ向きに考えていたので、前向きに捉えてこられた角田さんの話を聞くと新鮮で、視野が広がりました」(損害保険会社・保険金支払業務)

「新人なので自発的な仕事をできずにモヤモヤしていました。角田さんのように自分から追い求めていく姿勢が大事だなと気づけたのは大きな収穫です」(生命保険会社・営業)

キャリアにモヤモヤを感じたり、将来の不安を払拭できなかったりしたときは、同じような気持ちを乗り越えた先輩の話に耳を傾けると意外な気づきが得られるもの。その意味でも、角田さんのパワフルな生き方は、金融女性たちにたくさんのヒントと刺激になったようです。

第2部は、角田さんに加え、さらに2人の講師を招きパネルディスカッションを実施。大企業を辞める不安や気になる年収のことについて、赤裸々なトークが展開されました。その様子もレポートでお届けします。(続く)