シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「興味がないのを察して…!」男性が脈なし女性にとる言動5つ

仲よくしていた男性に勇気をもって告白してみたら、実は脈なしだった……なんて悲しいですよね。でも、よく思い出してみてください。実は、男性は脈なしサインを出していたかもしれませんよ。しかし、男性は「友達のような関係でいたい女性」に対しては、あからさまな脈なしサインを出さないことがあります。
そこで今回は「男性が脈なし女性にとる言動」について紹介していきます。仲のいい男性に告白する前に、チェックしてみてくださいね。

(1)「妹みたい」と言う

かわいがっている後輩女性に対して「妹みたい」と言ってしまう男性は少なくないみたい。「妹的存在」なんて好きな先輩に言われたら、うれしくて浮かれてしまうかもしれませんね。しかし、実はこれは脈なしサインなのです。
男性は、自分に好意を抱いてしまっている後輩女性に対して「大切な存在だけど、妹のようにしか思えないよ」というけん制の意味で使うそうです。

(2)引きそうな話をする

女性が嫌がりそうな話や引きそうな話をしてくるのは、脈なしの証拠です。例えばギャンブルで負けた話、風俗に行っている話、借金がある話など……。ここで「こんな話までしてもらえる仲になったんだ!」と思ってはいけません。男性は、好きな女性には自分の汚点を見せたがらないものです。自分の汚点を見せてきたということは、脈がないと思ったほうがいいでしょう。

(3)質問を返してこない

好きな人のことは何でも知りたいと思いますよね。好きな男性を前にしたら、いろいろと質問したり、話をふったりすると思います。男性は質問に答えてくれて、自分は満足……と思っていませんか? 男性だって好きな女性のことは何でも知りたいと思っています。それなのに、質問をするのは自分ばかりで質問を返してこない、なんてことはありませんか? それは男性からの脈なしサインなのです。
男性は聞かれたことは答えますが、自分は好きではない女性の情報など必要ないと思って質問を返さないのです。

(4)プライベートな話をしない

男性は興味のない女性に、自分のプライベートな話をすることを嫌がる傾向があります。なぜなら好きでもない女性にプライベートで接点を見つけられて、ぐいぐいとアピールされるのが嫌だからです。そのため、「休日は何をしているのですか?」「趣味は何ですか?」という質問に無難な答えをしてくる人は、脈なしの可能性が高いです。

(5)食事をおごらない

男性は「好きだと勘違いされたくない」という意味を込めて、脈のない女性に対して食事をおごることを避けています。好意のある女性には食事をおごることが多いものですが、逆に食事をおごらないという行動は脈がないということを間接的に伝えているのです。

男性の脈なしサインって、ちょっとわかりにくいもの。脈なしサインを出している男性に対してずっと付きまとうのではなく、新しい恋を探してみたほうがいいかもしれませんね。