シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「腸のゴールデンタイム」にヨーグルトを食べると太りにくくなる!? 今日から始めよう『夜ヨーグルトダイエット』

main

ヨーグルトといえば、さっぱりとした酸味が目覚め直後の頭をすっきりさせてくれる朝食の定番メニュー。でも、実はこのヨーグルトを夜に食べると「痩せ体質」を手に入れることができるようなんです。

【夜のヨーグルトで体質改善】

サニーヘルス株式会社が、ダイエット情報発信サイト「microdiet.net」に寄せた調査レポート「ヨーグルトは夜がオススメ!! 夜ヨーグルトダイエット」によると、夕食後にヨーグルトを摂取すると、太りにくい体質になるのだとか。

【乳酸菌には良いことがいっぱい】

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、悪玉菌の増殖を抑える、有害物質の発生を抑える、風邪をひきにくくする、アレルギー症状の緩和、便秘の改善、肌荒れ改善など、体に良い効能がたくさん。

【腸のゴールデンタイムに向けて摂取】

このヨーグルトを、腸のゴールデンタイムといわれる夜22時〜翌2時に向けて摂取することで、乳酸菌を一番効率よく体内に吸収することができるようになり、その結果、腸内環境が整い、老廃物の排泄や有害物質の減少が促され、最終的に太りにくい体質が作られていくんですって。

ちなみに、ヨーグルトを摂取する絶好のタイミングは夕食後。ただし、寝る直前や22時以降のカロリー摂取は逆に太ってしまう可能性があるので就寝3時間以上前で、21:00以前が望ましいとのこと。

sub1

【ヨーグルトは低カロリーのものを】

量は、無糖のものを120g。あれば無脂肪、低脂肪が良いそうです。どうしても甘味がほしいのであれば、砂糖ではなく蜂蜜がおすすめ。

ヨーグルト単独でなくても、料理に混ぜてもいいそうですが、加熱せずに使用しましょう。マヨネーズに混ぜて、マヨネーズ代わりに使うと、カロリーダウンもできて一石二鳥ですよ。

以上、まとめると「寝る3時間前位に、無糖のヨーグルトを120g摂取すると、太りにくい体質を作れる」ということ。筋トレや食事制限のように大変な思いをせずに、手軽に体質改善をできるこの方法、試してみてはいかがでしょうか?

参照元=PRTIMES
執筆=南野バンビ(c)Pouch

画像をもっと見る

オリジナル記事: 「腸のゴールデンタイム」にヨーグルトを食べると太りにくくなる!? 今日から始めよう『夜ヨーグルトダイエット』
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事