シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「疲れてる?」と聞かれるどんより顔に!くすみをレスキューする3つの技

「なんか顔色悪くない?」「疲れてる?」といわれて鏡を見ると、どんよりくすみ顔だった! なんて経験をしたことはありませんか? さえない顔色をすぐにレスキューしたい時の3つの技は「足元を温める」「しっかり保湿」「ホットミルクを飲む」がおすすめですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■朝起きて「どんよりくすみ顔」な時に試したい3つの技

(1)足元を温めて軽いストレッチ

体の冷えと顔色は切っても切れない関係で、体が冷えることで、顔の皮膚を流れる血液の循環が悪滞り、顔色が悪くなってしまいます。顔色が悪いと感じつつ、体が冷えている自覚がある場合は、足元を温めたり、軽いストレッチをすると良いでしょう。手足をぶらぶらさせるのも効果的です。

(2)いつもより入念に保湿

水分が足りず肌が乾燥している場合、肌が暗くくすんで見えてしまいます。また、肌のごわつきがある場合も肌の陰影により、実際の肌の色よりも暗いイメージを与えてしまうことも。乾燥していると感じたら、外出先でも臆せず保湿を。

(3)ホットミルクで鉄分を補給!

貧血状態の場合、体内のヘモグロビンが減少するにより顔が青白くなります。これは鉄分の不足が原因ですので、月経などで貧血気味だなと感じた場合は、体を温めつつ鉄分を摂取するのためにもホットミルクを飲んでみるのがおすすめです。


いつだって透明感のある生き生きした肌のイメージでいたいからこそ、くすみ顔のレスキュー法を覚えておきたいものですね。


(前田紀至子)

【参考】
肌・顔のくすみ 原因と対策 – DHC
顔色が悪い – 武田薬品
ミルクの成分とはたらき- らくのうマザーズ

関連記事