シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「来月会社休みます」●万円払ってでもハネムーンに行くべき理由

「来月会社休みます」●万円払ってでもハネムーンに行くべき理由

透き通る海の水上コテージや和やかな南国の空気……結婚式のみならずハネムーンに憧れを抱く女性は多いのではないでしょうか。ジューンブライドに続くゴールデンシーズンのこの季節、結婚式にお呼ばれしてますます思いは高まるばかり。

そんな妄想も楽しいところですが、ちょっと現実に戻りましょう。

結婚式で多くの費用がかかるにも関わらず、ハネムーンで高飛びできるほどお金は残ってますか? 若くして結婚となるとなかなか貯蓄も切り崩しにくいもの。世間のカップルはいったいどうしているのでしょうか。

『みんなのウェディング』が発表した「“新婚旅行”に関するアンケート調査」を参考にして、イマドキカップルのご予算を把握しつつ、ハネムーンに行くべき理由を考えてみましょう。

 

■イマドキカップルのハネムーンご予算

同調査では535人を対象にアンケート調査を実施。イマドキのカップルがかけるハネムーンの予算が分かってきました。ご予算をランキング形式で見てみると、

4位:10~20万円未満・・・11.1%

3位:70~100万円未満・・・20.8%

2位:30~50万円未満・・・23.1%

1位:50~70万円未満・・・24.2%

このような結果に。“30~70万円未満”が半数以上を占めています。金額から推測すると、多くの方がハネムーンは海外、あるいは国内でもリッチなリゾートなどを選択している様子です。

これにプラスされるのがお土産代。『ゼクシィ』の「結婚トレンド調査2014 報告書(首都圏)」によると、お土産代に関しては“10万円未満”が49.5%、“10~20万円未満”が30.8%となっています。

このことからハネムーン予算は“30~90万円”程度が一般的であるようです。

 

■お金をかけてでもハネムーンに行く理由

この金額に対して負担に感じる方もいらっしゃるかと思います。結婚式に続く大きな出費ですから当然ですよね。

しかしながら、カップルのその後のためにも“ハネムーンには行ったほうが良い”という調査結果も出ているのです。

『Menjoy!』が過去ご紹介した記事「惚れ直し率7割!やっぱり強力だった“新婚旅行の効果”が判明」によると、“ハネムーンに行ってよかった”と考える人は99.5%と、ほぼ全てのハネムーン経験者が満足している結果に。

その中でも7割以上の人が“パートナーのことをより好きになった”、“新たな一面を見て、魅力を感じた”と考えており、相手への愛情が深まることが分かっています。

また3割超の方が“旅先ではスキンシップの量が増える”と回答。ともすると旅行先では人のイヤな面まで見えてしまいがちですが、カップルに関しては素の部分まで見えることが吉と出るのかもしれません。

ありのままの姿を確認しあい、帰国して結婚生活を始める。ハネムーンには末永くお互いの関係を続けるためのヒントが隠されているのです。

 

以上、ハネムーンの予算と“なにがなんでも”行くべき理由のご紹介でした。結婚式を挙げてすぐはムリでも、後から改めて行くことで彼との愛がより深まりそうですね。クリスマスや記念日といった特別な日にカレに相談しつつ、会社には有給休暇の申請書をちゃっかり出しちゃいましょう!

 

【参考】