シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「恋愛は自分との闘いである…」キツ〜い嫉妬心に打ち勝つ方法3つ

現代はインターネットや連絡ツールが発達したせいで、恋愛がしにくい時代になりました。FacebookなどのSNSにより余計な情報が入って来ることが多く、嫉妬心と戦わなくてはいけない状況に置かれることが増えたからです。

そんな嫉妬心をうまく抑えられない女子のために、海外恋愛情報サイト『LovePanky』に掲載された記事をもとに、“キツ~い嫉妬心に打ち勝つ方法3つ”をお届けしたいと思います。これを読んだら、恋愛は自分との闘いであることが分かるはずです。

 

■1:人と自分を比べない

彼の元カノやちょっとカワイイ女友達の存在は、いつも恋する女性の脅威となります。でも実は、そんな風に感じているのはアナタだけで、彼は何とも思っていなかったりします。

誰かを自分と比べて嫉妬を感じるときは、相手にあって自分にないものにフォーカスしがちです。例えばライバルのほうが若かったりルックスが良かったり、自分よりもカッコイイ仕事についていたりです。ですが彼が付き合っているのはアナタなわけで、人にはなくて自分しか持っていないクオリティに焦点を当てて、自信をもちましょう!

 

■2:勝手に色々想像しない

想像力とはコワいもので、あまり色々と要らぬことを勝手に想像していると、それが実際に起きているかのような妄想に取りつかれてしまいます。

例えば、彼が女性の同僚と軽く食事に行ったとか、何でもないことで連絡して来た元カノからのメール通知や着信を見てしまった……などなど。彼に問い詰めるのは良策でないのは分かっているので聞けずにいると、余計にモヤモヤ感が増すばかり。

ちょっと不安になる気持ちは分かりますが、ここはグっと抑えて変な妄想に走る前に、気が紛れることなどをして落ち着いてください。とことん彼を信用する自己暗示をかけてみたりしましょう。

 

■3:彼と対等の状況をキープしておく

恋愛は惚れた者負けといいますが、どちらかが弱い立場に陥ることがほとんどです。アナタが男性にモテモテで常に彼が心配している場合以外は、彼と同じ状況をキープすれば嫉妬心をかなり和らげることができます。

彼に女友達が多いならアナタも男友達をたくさんキープし、たまには彼らと飲みに出かけること。彼が元カノと連絡を取っているのなら、アナタも同じことをする。彼がしていることを自分もしていれば、異性の友達が多いことも元恋人を連絡を取っていることなども、大したことではないと思えるようになります。

恋愛では彼をボス犬にしないことが鍵です。アナタが彼と対等な状況をキープすることで、彼がおイタをしたらアナタが去って行ってしまうと思ってくれるはずです。

 

実は恋愛って自分との闘いなんですよね。嫉妬にかられて彼を責めるようなことを言ってケンカにでもなったら、破局の原因にだってなりかねません。恋愛の天敵である嫉妬心をしっかりコントロールできるように、ぜひ参考にしてみてください!

 

【参考】

6 Little Ways to Stop Being So Jealous in a Relationship – LovePanky