シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「彼氏にしたい男性」と「結婚したい男性」はどう違う?

結婚は恋愛の延長線上にあると考える人もいれば、結婚と恋愛は別物だと考えている人もいるもの。恋愛をしているなかで自然と結婚にたどりつく場合もありますが、恋愛や結婚で求めるものが違う場合はなかなかそうもいきませんよね。ここでは、「彼氏にしたい男性」と「結婚したい男性」はどう違うのかを聞いてみました。

彼氏にしたい・結婚したい男性の違い

彼氏にしたいのは肉食系、結婚したいのは草食系

「彼氏にするなら、センスのいいお店に詳しくてリードしてくれる肉食系。でも結婚するならお店に詳しくなくていいから、浮気をしなくて家庭的な草食系が理想! 長く付き合っていく結婚相手にセンスのよさはそこまで重要じゃないかなって思う」(30代/秘書)

▽ 彼氏にするのであれば、積極的にアプローチしてきてくれる肉食系。結婚するのであれば自分にだけ誠実でいてくれる草食系が理想だそうです。たしかに、肉食系の彼氏は魅力的ですが、一方で他の女性にも人気がある場合が多いので、浮気をしないかどうか心配にもなりますよね。
一方で恋愛に対して消極的な草食系であれば、結婚しても浮気の心配をそこまでしなくていいのではと思うようです。

彼氏にしたいのはときめく人、結婚したいのは安心する人

「彼氏にしたいのはキュンとしちゃうようなときめく相手。私も頑張って女磨きしようって思える。でも結婚したいのは女磨きをしなくてもありのままで自分を受け入れてくれる安心感のある人かな」(20代/IT)

▽ 彼氏にするのであればいつも胸をときめかせることのできる相手。しかし、結婚するのであれば、ときめきよりも安心感や安らぎを大事にするようです。結婚相手に四六時中ときめくのは難しい話です。
結婚はあくまで現実のものなので、ときめいてばかりもいられませんよね。ときめきよりは、自分を受け入れてくれるという信頼感のほうが大切なのかもしれません。

彼氏にしたいのはイケメン、結婚したいのはお金持ち

「彼氏にするなら友達に自慢できるイケメン、結婚するならこれもまた友達に自慢できるお金持ち(笑)。彼氏なら友達にかっこいいねって言われたいし、結婚相手なら生活力のある人がいい」(30代/看護師)

▽ 少数派ですが、彼氏にするならイケメン、結婚するならお金持ちだという女性もいました。身も蓋もない話ですが、現実的な結婚にはお金は必要不可欠です。好みの顔のタイプであればたいていのことは許せる彼氏であっても、結婚となればいつまでもそうという保証はありませんからね。

彼氏にしたいのは楽しい人、結婚したいのは自立している人

「いろんな場所にデートに行ける楽しい人を彼氏にしたい。でも結婚するなら楽しい以上に、自分のことは自分でできる自立している人が理想だな」(20代/広告代理店)

▽ 彼氏であれば、いろんな場所に行って楽しめる相手が理想。しかし、結婚相手にするなら生活の面でも金銭的な面でも自立している人がいいようです。確かに、楽しいだけでは生活は成り立たないもの。
自分のことを自分でできたり、自立しているということは重要なポイントになりますね。