シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「嫌いになったわけじゃない」は別れの言葉!? 男子のズルイ優しさ5つ

彼から別れを切り出されたとき、言葉の意味がわからなくてモヤモヤしたことはありませんか?「それならどうして別れるの?」と納得できないことも……。
男性って、別れを切り出すときに優しい嘘をつきがち。彼女を傷つけたくないからと、ハッキリ別れの言葉を言えないのです。
そんな言葉に振り回されないためにも「ズルイ優しさ」を見破りましょう! こんな言葉を言われたら、未練を持たずに先に進んだほうがいいかもしれません。

別れ際、男子が見せるズルイ優しさ

1. 「嫌いになったわけじゃない」

「『嫌いになったわけじゃないけれど、もう俺たちダメだと思う』と言われたこと。嫌いじゃないなら何で別れるのって思ったし、嫌われてないならまた戻れるかもって思ってしまう」(30歳・女性)

▽ 男性が恋人に対して「顔も見たくないくらい嫌い!」と思うことってそうありません。「嫌いになったわけではないけど、好きでもない」というのが本当の意味でしょうね。
「嫌いになったわけじゃない」という部分に期待してすがっても、未来はありません! スッパリ諦めたほうが、幸せになれますよ!

2. 「少し距離を置きたいんだ」

「少し距離を置きたいって言うから、1か月くらい彼からの連絡を待っていた。この言葉が自然消滅を意味していたって気づいたのは、彼に着信拒否をされているってわかったとき……」(24歳・女性)

▽ 本当に距離を置いて関係をよくしたいと思っているケースもありますが、多くは自然消滅させるための都合のいい言い訳です。
「距離を置けばまた戻ってきてくれるかも」と思ってしまいますが、あまり期待しないほうがいいかもしれませんね。

3. 「友だちに戻ろう」

「『俺たち、やっぱ友だちに戻ったほうがいいかもね』って言われて別れた。彼は私のことなんて気にせず新しい彼女との写真をSNSに載せていたけど、私は『友だち』だから文句も言えないしつらかった……」(25歳・女性)

▽ まだ未練がある相手に対して「友だちに戻ろう」って、優しいようですがなかなか残酷なセリフです……。
「友だちでもいい!」とすがってしまう女子もいるでしょうが、都合のいい関係にされる場合もあるので、さっさと音信不通にしてしまったほうが身のためです!

4. 「家族みたいだから…」

「『家族みたいになっちゃったから別れよう』って言われたこと。長く付き合っていたら恋愛感情がなくなって家族みたいになることは当然だし、それの何がいけないのって思った」(31歳・女性)

▽ ドキドキした恋愛感情が落ち着いてくると、交際を続けられなくなる男性は多いもの。家族みたいな深い愛情を育めない人なのだと思って、早いとこサヨナラしましょう!
そのまま付き合っていても浮気されるのがオチです!

5. 「○○はどうしたい?」

「彼がどんどん冷たくなって不安だったから、話し合いをしようとした。そしたら『前みたいな気持ちに戻ることはないと思うけど、○○はどうしたい?』って言われた……。私から『別れよう』って言うしかないよね」(25歳・女性)

▽ わざと冷たい態度をとって「別れよう」というセリフを相手から言わせるズルさ……。二人の関係に責任を持ちたくないという思いが伝わってきますね。無責任な彼を、これ以上追いかける理由はありません。

「自分が悪者になりたくない」という男性は、別れるときに曖昧な言葉を言いがち。ズルイ優しさに振り回されて、いつまでも未練を持っていてはいけません。自分のことをもっと大切にしてくれる男性は、他にたくさんいますからね。