シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「冷えない美人」になるために! 今から始める3つの冷え対策

朝晩はぐんと冷えたり、突然驚くほど冷たい風が吹く今日この頃。すっかり晩秋の気配を感じますが、冬を目前にして冷えと縁遠く過ごすためには、「水分の摂り方」「栄養素の取り入れ方」「家の中での過ごし方」が大切だと言えそうですよ!

201051028

■秋の寒さを甘く見ちゃダメ!?

ウールのコートを着るにはまだ早いし、かといって薄手のセーター1枚は少し寒い。そんな今の季節は、暖かいと感じていても思っている以上に体が冷えています。また、カフェでドリンクを飲む際には、そんなに寒くなければアイスドリンクを飲みたくなったり、素足にパンプスなどのスタイルをして、体が冷える誘惑はいっぱい。


■これからの季節「冷えない美人」になるための3つのポイント

(1)1日の飲み水目安の「1.2リットル」は白湯やハーブティーで

1日の水分摂取量が少ないと、血液がドロドロになって脱水症状の原因になりますが、だからと言って、飲み水を冷たいお水で飲むのは体を冷やすため好ましくありません。これからの時期は、環境省によって1日の飲み水の目安とされている1.2リットルを、体を冷やさない白湯やハーブティーで摂取するように心がけるのがベター。


(2)ビタミンEと鉄を意識的に取り入れる

冷えない食べ物というと、ショウガや唐辛子といった食品が真っ先に思い浮かびます。でも、それだけではその瞬間は体が温まるものの、継続して冷えないかというと、そうとも言い切れません。だからこそ、血流自体を良くするビタミンEや、体内に酸素を行き渡らせる働きがある鉄を意識的に摂取するのがおすすめ。冷えない仕組みを作ることが大切です。


(3)家の中でも素足ではなく常に靴下を

家の中では、ついつい裸足で過ごしてしまいがち、という人も少なくないようですが、暖房が必要ない今の時期も少なからず体は冷えています。家の中でもルームソックスを履くことは忘れずに。


日常生活でしっかり押さえておきたい秋冬に冷えないポイント3つ、ぜひ心がけてみてくださいね。


(前田紀至子)

【参考】
水で潤う – 元気通信 – 養命酒酒造
冷え性体質なら – eヘルシーレシピ – 第一三共