シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「何もしてないのに、キレイ」今どきナチュラルヘアの作り方

ヘアもメイクもナチュラルが主流! せっかく自然でキレイなメイクができたのに、ヘアがボサボサだったり、コテで強く巻きすぎてしまっていては、トレンド感が薄れて残念な感じになってしまいますよね。ナチュラルメイクに合わせて、ヘアもナチュラルにセットすることで、ワンランク上の今どき美人を演出できますよ。
そこで今回はナチュラルヘアの作り方をステップごとにご紹介します!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■ステップ1:顔まわり・トップ・前髪は毛穴ブロー

顔まわりやトップ、前髪は、一度しっかりと濡らして毛穴を立ち上げるようにドライヤーでブローします。クセをしっかり取ることもでき、根本からふんわり髪が立ち上がるので、変なところで前髪が別れてしまうといったことになりらず、スタイリングのキープ力が上がります。


■ステップ2:毛先だけのカールでも上からコテを当てる

毛先だけカールしたい時は毛先だけを巻きがちですが、それだとトップのボリューム感や毛の流れなどがなく、ヘアスタイルが平面的になってしまいます。

毛先だけ巻きたい時も、根元のほうからコテを滑らせて熱を与え毛先を巻きましょう。そうすることで髪全体にツヤを与えることができ、空気を含んだようなエアリー感が生まれ、美容室でスタイリングしたかのようなワンランク上の仕上がりになります。


■ステップ3:コテで巻いた後はブラッシング

コテで巻いただけでは、巻いた時の束感が残ってしまいます。今のトレンドはくせ毛風のようなナチュラルな感じがトレンドですので、いかにもコテで巻きました、という強調はない方がおしゃれです。
コテで全体を巻き終わった後、クッションブラシでブラッシングすることで、ふわふわなエアリー感と、ツヤとが出てきます。

カールが落ちやすい人は、細めのコテを使用し、巻く時は毛の量を少なくしましょう。いつもよりしっかり目にカールをつけ、巻いた後の熱が完全に冷めてからブラッシングします。そうすることで仕上がった時のカール感が強すぎず、ナチュラルだけどキレイに仕上がります。


この秋は「なにもしていないけど、キレイ」がキーワードです。いかにも手を加えています! という要素はできるだけ取り除いて、自然なお洒落を目指してみてはいかがでしょうか。


(中花絵里香)