シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「レギンス入浴」でたっぷり発汗&デトックス!

冬になると汗をかく機会が減ってしまうもの。汗の量=カロリー消費量ではありませんが、体が温まり汗を流すことで代謝がアップするのはもちろんのこと、たっぷり汗を流すと体が軽くなり爽快な気分になるものです! そこで今回は、「レギンス入浴」で思いっきり汗を流し、すっきりデトックス気分を味わえる方法を紹介したいと思います。

20151120wada

◼︎「レギンス入浴」のデトックス効果

デトックスをするには、時間をかけてじわじわと体を温め、汗をかくことがオススメです。体の芯から体を温めると内臓の血流がアップするため、デトックスを担う器官である「肝臓」や「腎臓」の働きが高まるのです。
また汗を流す習慣がつくと、汗腺が鍛えられて少しの時間でもしっかり汗をかけるようになり、代謝アップ・冷え解消・むくみ改善・美肌効果等、たくさんの効果が期待できます。
レギンスを履いて入浴する「レギンス入浴」は、それらの効果を高める効果があり、また激しい運動などができない方でも「レギンス入浴」であれば手軽に汗をかけるので◎。


◼︎たっぷり発汗&デトックス効果を高める「レギンス入浴法」

たっぷり発汗しデトックス効果を高める「レギンス入浴」は、四つ這いになって行うため、浴槽内の湯量は、四つ這いになった時に胸にお湯が付かないぐらいがベストです。

(1)浴槽の中で、手首は肩の真下、膝は股関節の真下にセットし、四つ這いになります。この時、おヘソが背骨に付くぐらいお腹を凹ませ、背筋はまっすぐに意識します。

20151120wada


(2)息を吐きながら、みぞおちを天井に持ち上げるようにし、背骨がアーチになるようにしていきます。時間をかけて息を全部吐き切るのに合わせ、ゆっくり動いていくのがポイントです。

20151120wada


(3)息を全部吐き切ったら、一旦息を吸い込み、また息を吐きながら、今度は肩甲骨を近づけるようにしながら、背骨を反らせていきます。鎖骨を前方に見せるようにするのがポイント。(2)と同じようにゆっくり動くことと、お腹は常に凹ませておくのがポイントです。2⇔3の動きを10回程度繰り返しましょう。

20151120wada


以上を習慣にすると、この動きだけでポタポタと汗がお湯の上に落ちるほど、たっぷり汗をかける体質に改善します。デトックス効果から痩せやすい体質にも近づきますよ。ぜひ試してみてくださいね。


(和田清香)

「レギンス入浴」で下半身痩せ!太ももマッサージ編

ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ