シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「ユニクロ×アレキサンダー・ワン」のヒートテックがおしゃれ偏差値高すぎ〜! 水着やレオタードみたいな「ボディスーツ」があります

冬の必需品といえば、ユニクロのヒートテック。わたしも毎年のようにお世話になっている商品なのですが、2018年11月9日から発売される新ヒートテックアイテムは、なんだかいつもと様子が違うんですよ……!

それもそのはず、この日発売されるのはアメリカ・ニューヨークを代表するファッションブランド「アレキサンダー・ワン」とコラボしているから。

ファッション好きならばその名を知らぬ者はいない同ブランドとのタッグということで、どんなものかとチェックしてみたところ……。驚くことに、ブラやショーツやボディスーツがラインナップされているう!

【ボディスーツが超気になります】

メンズは6アイテム、ウィメンズは10アイテムそろっていて、中でもやっぱり注目すべきはアンダーウェア

個人的に気になっているのは、ウィメンズのみにラインナップされているボディスーツ2種類で、1つめの「ヒートテックリブタンクボディースーツ」(2990円)は “水着のワンピース型” 。

そしてもう1つの「ヒートテックエクストラウォームボディスーツ」(3990円 / どちらも税別価格)は “ハイネック&長袖のレオタード型” と、一見するとかなり攻めている印象があります。

ボディスーツは一般的にあんまりなじみのないアイテムなので「これ、どうやって着るの!?」とギョッとしてしまうかもしれません。

しかしながら、ボトムスにインしたときや、ボディラインが出る服を着たときに「ウエストまわりがもたつかない」といった利点があります。また、両方ともストレッチ性があって、形状保持にも優れているということで、着心地が良さそうなんですよね。

【安心してください、トイレ行けますよ】

上下がつながっているため、トイレに行くときはどうすればいいのか気になると思います。肝心の “お股” の部分にはスナップボタンがついているので、トイレのときも心配することはなし。胴体全体を包み込んでくれるから、冷え性さんにはちょうどいいかもしれませんよ~!

【細身でシンプルだから大活躍してくれそう】

ヒートテックとヒートテック エクストラウォーム(極暖)の2種類で展開される今回のコレクションは、ヒートテック本来の機能はそのままに、寒い季節でも暖かくクールに見せる高いファッション性がポイント。

シルエットは全体的にシャープで細身、そして非常にシンプル。「アレキサンダー・ワン」では定番のブラックはもちろん、80年代ファッションをイメージしたネオンカラーや光沢のあるリブ素材などを取り入れて “近未来的” な要素もプラスしています。

なんともスタイリッシュなヒートテック。冬のファッションを底上げしてくれるアイテムだと思いますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

参照元:ユニクロユニクロ公式オンラインストア
執筆=田端あんじ (c)Pouch