シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「バンクーバーの警察犬」を写したカレンダーが超かっこいい出来! キリッとしたりアクビをしたりとギャップありの表情がたまらなくかわええです

イケメン消防士たちがモデルを務めるカレンダー、ニューヨークのタクシードライバーたちによる一風変わったカレンダーなど、世界には数多くの “ある職業に特化したカレンダー” が存在します。

そして今回ご紹介するのは、カナダ・バンクーバー市警察に勤務する警察犬たちがモデルのチャリティーカレンダー。

合計15匹の警察犬チームと、彼らを訓練するスタッフが出演しているカレンダーの価格は約1300円。オフィシャルショップではすでにソールドアウトになっているほど、大人気の商品となっているんです。

【売り上げ金はがん患者のサポートのために寄付】

海外サイト「Bored Panda」によれば、警察犬カレンダーが誕生したのは2009年のこと。

Instagram Photo

警察官のマイク・アンフィールド(Mike Anfield)さんが、乳がんとの闘いの末2004年に亡くなった妻のキャンディー(Candy Anfield)さんを称えるために始めたプロジェクトで、売上金はがんの予防や治療など全方向からのケアを行う「ブリティッシュ・コロンビア州がん基金」や、病気の子どもたちをサポートする「ブリティッシュ・コロンビア州児童医療基金」に寄付されるとのこと。

実は故・キャンディーさんも、夫とともに働く警察官でした。彼女の遺志を継ぐべく、乳がん患者を支援する団体「キャンディー・アンフィールド記念基金」も立ち上がっていて、こちらの団体も警察犬カレンダーの活動を支える柱となっているようなんです。

【普段は街の平和を守るために奮闘】

普段は犯人の追跡や犯罪捜査、麻薬および爆発物の検出など、多岐に渡って活躍している警察犬たち。バンクーバーだけでも毎年1万件を超える通報に対応しているそうで、この事実だけで十分、頼りになる存在だということがわかります。

Instagram Photo

【オフモードっぽい写真がかわええええ】

優秀な警察犬たちはカレンダー撮影に挑んだときもきちんと従順だったらしく、できあがったショットはどれもキマってるう!

すっかりオフモードで大口を開けてあくびをしたり、サングラスをかけたまま車窓から顔を出したり、コーヒーショップのカウンターで相棒(人間)とブレイクタイムをキメたりと、どれもこれもすっごく画になっているんですよね。

愛くるしい表情に、一目で恋に落ちてしまうこと必至。来年は売り切れる前に確実にゲットしなきゃ、ですね!

参照元:Shop Vancouver Police FoundationInstagram @vancouverpdInstagram @vanpolicefndFacebookBored Panda
執筆=田端あんじ (c)Pouch