シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「カロリーvs.糖質」私が控えるべきは…どっちかを比較!

ダイエットを考えているときに、食事で真っ先に気になるのは食べ物のカロリーですよね。でも最近は、食べ物に含まれる糖質を少なくする“低糖質ダイエット”が話題となっており、そのダイエット法では、食べ物のカロリーではなく糖質を考えます。

ダイエットを成功させるために、本当に気を付けるべきなのはカロリーなのか、糖質なのか。一体どちらなのでしょうか?

 

低糖質ダイエットのおさらい

人間の体は食べ物から摂取する糖質が少なくなると、体内にある脂肪を分解してその足りないエネルギーを補充しようとします。それによって体についた脂肪を徐々に減らしていこうというのが、糖質の摂取量を制限するダイエット法。グルメリポーターの彦摩呂さんがマイナス21kgを達成したときに行ったのも、このダイエット法なんです(「 祝21㎏減!不摂生“危険ボディ”彦摩呂を救ったダイエット法とは」参照)。

また糖質を摂ると血糖値が上昇してしまい、それを下げようとインスリンが分泌されますが、このインスリンは、余った脂肪を体内に蓄えることを促してしまいます。だから糖質を制限することは、脂肪を蓄積させないためにも有効な方法なのです。

 

“カロリー”と“糖質”……どっちが大事?

ではダイエットをするために、糖質とカロリーのどちらを気にしたらよいのでしょうか?

カロリー制限をするダイエット法か、それとも低糖質ダイエット法か、どちらのダイエット法を実行するかで考えましょう。

カロリー制限ダイエットは、もともと少食で間食を止めることがそれほど苦にならず、しかも体を動かすことが好きな方におすすめ。一方、低糖質ダイエットは、運動が好きではない方や食事量を減らすことがきつい方に向いているでしょう。しかし、炭水化物の摂取は控える必要があるため、炭水化物好きならカロリー制限法のほうが適しているかもしれません。

 

カロリー制限ダイエットと低糖質ダイエットはダイエットの考え方が異なりますので、どちらの方針でダイエットを行うかによって、カロリーを気にするべきか、それとも糖質を気にするべきかを見極めるようにしましょう。自分に適したほうを選択して、無理をせず行うことが大事です。

 

【参考】