シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「なんかクサイ?」頭皮と髪の臭いにご用心!

ジメジメとした梅雨の季節は、気分的にも落ち込んでしまいますが、実は頭皮環境にも影響があります。ちょっと動いたときに、ふと自分の頭の方から臭いを感じることはありませんか? 人に気づかれる前に、今から対策をしておきましょう。シャンプー前のオイルマッサージや、夜のシャンプーがオススメですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■臭いの原因「頭皮を取り巻く環境」

臭いの元は頭皮の皮脂によるもの。頭皮には皮脂腺と汗腺が多く存在しているのですが、適度な皮脂膜によって皮膚状態が整えられています。しかし、シャンプー剤の使い過ぎや頭皮の洗い過ぎ、食生活の乱れ、喫煙、アルコールの摂取などによる活性酸素の増加で、皮脂の過剰分泌が発生します。加えて、湿度の高いジメッとした時期は雑菌が繁殖しやすく、それが臭いの原因にもなるのです。


■ひと手間で変わる髪と頭皮のお手入れ法

重要なのは、臭いのモトとなる皮脂や汚れをきちんと落とすこと。
ただし、ここでやってはいけないのがシャンプー剤の多量使いとゴシゴシ洗い。皮脂の落としすぎは、皮脂の過剰分泌につながります。

●シャンプー前のオイルマッサージ

オイルマッサージをすることで頭皮の汚れが浮き、またブラッシングすることでかなりの汚れを落とすことができます。シャンプー前のこのひと手間により、強い洗浄剤で過剰に洗う必要がなくなり、落とすべき汚れは洗い流せ、残すべき皮脂は守られるのです。

●シャンプーは夜に済ませる

めんどくさいと感じても、シャンプーは寝る前に済ませましょう。日中についた汚れや汗は、時間が経てば経つほど臭いの原因になります。そのままの状態で寝てしまうのは、雑菌の繁殖を助長するばかりか、髪についた汚れと枕の摩擦で痛みの原因にも。

●頭皮と髪に良い食事

頭皮も髪も主成分は、「ケラチン」というタンパク質。そのケラチンを合成するのに欠かせないのが、レバーや魚介類、納豆や海藻類に多く含まれる「亜鉛」です。また髪に栄養分を運ぶ役割の毛母細胞は、「ビタミンB群」を摂取すると細胞分裂が活発になります。卵や大豆製品、緑黄色野菜やナッツ類などをバランスよく摂り入れて。


頭皮も肌と同様に、洗い過ぎや乾燥からくる皮脂の過剰分泌に注意が必要ですね。頭皮環境を整えて、ジメジメ季節を爽やかに過ごしましょう!


(ささきひろこ)