シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「ちょっ…この子カワイイじゃん!」ってSNSで言われる心理テク

FacebookやInstagramなど、ソーシャルネットワークサービス(SNS)を利用しているひとは、少なくありません。プロフィールとして自分の写真をアップロードしているひとも多いでしょう。

ですが、知っていましたか? アライン・テクノロジー・ジャパンの調査によれば、およそ3人に1人の男性が、初対面の女性と会う前に、SNSで相手の写真をチェックしたことがあるんです。

あなたも、初対面の男性と会う場合、事前にSNSで顔写真をチェックされているということ。

そこで今回は、いい第一印象のつくるためにも、写真を度すればいいのかを考えてみたいとおもいます。

 

SNSを使用する際の写真

初対面の女性と会う前に、SNSで相手の写真をチェックしたことがある男性が、およそ3人に1人(28.3%)にのぼるというのは、すでにお伝えしたとおり。

プロフィールの写真は、よい第一印象を与えるためにすごく重要なんです。

今回の調査によれば、女性自身はプロフィール写真を通じて、かわいらしいとおもわれたい(27.7%)、知的とおもわれたい(15.7%)セクシー・美人とおもわれたい(13.0%)のだとか。

そのために重要になってくるのは、笑顔なんです。

 

きれいな歯をみせた笑顔の写真は好印象を与えられる

 

口角があがり、目尻が下がるというのが、笑顔の特徴。

笑顔は、心理学的にいっても魅力を決める大きな要因となります。

今回の調査では、歯をみせている笑顔の写真と歯をみせていない笑顔の写真それぞれ2種類の計4種類に対して印象を尋ねると、歯をみせていない笑顔よりも歯をみせている笑顔のほうが29.5%も多く、かわいらしいという印象を与えるということがあきらかになったんです。

 

いかがですか。笑顔の写真を使うのは当然のこと。さらに、歯をみせて笑っているような写真をつかうのがオススメなんです。

ただし、歯並びには気をつけましょう。

歯並びがいい笑顔と歯並びが悪い笑顔を比べてみると、歯並びがいい笑顔は歯並びが悪い笑顔より、上品だという印象を受けたひとは12.1倍、反対に歯並びが悪い笑顔は歯並びがいい笑顔より、品がないという印象を受けたひとは5.6倍も多かったんです。

 

【参考】

※ 「SNSの写真に対する印象」に関する意識調査 – アライン・テクノロジー・ジャパン