シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「たっちゃった」ほうがいい!今すぐカレともっと幸せになる方法

カレと一緒にいて、幸せ。だけど、今よりもっと幸せになりたい。

そうおもうひとは、少ないでしょう。

では、そのためにすべきことは、いったいなんなのでしょうか。

それは、“アレ”をたっちゃうことだということが、コペンハーゲンのシンクタンク・The Happiness Research Instituteなどの報告であきらかになっています。

いったい、アレとはなんなのか。詳しく紹介したいとおもいます。

 

■たつことで幸せを手に入れる

あれとは、ズバリ“Facebook”のことなんです。

The Happiness Research Instituteが、Facebookの利用頻度と幸福感について報告しています。

毎日1回以上の頻度でFacebookにアクセスするひとたちを、そのまま使用を続けるグループと、Facebookにアクセスしないグループに分け、1週間後にそれぞれの幸福感について比較したところ、Facebookにアクセスしないグループのほうが、心理的なストレスが低く、幸福感の上昇が大きいことがわかったんです。

つまり、Facebookの使用をたつことで、もっと幸せになることができるんです。

 

■Facebookの使用が不幸にする?

これまで、いくつかの研究で、Facebookの利用がひとを不幸せにするということがいわれてきました。

たとえば、『Computers in Human Behavior』に掲載された南洋理工大学のEdson Tandoc Jr.氏らの研究によれば、友達の投稿が嫉妬などを招き、結果的にそれがストレスとなり、幸福感を下げる原因となるということを指摘しています。

つまり、Facebook自体が悪いというわけではなく、Facebookへの友達の投稿がストレスになったり、自分もリア充な様子を投稿しようとしたりするあまり、それがストレスになって幸せでなくさせているのかもしれません。

 

いかがですか。Facebookで幸せな様子やカレとの楽しい思い出を投稿したいという気持ちはわかります。ですが、投稿が目的になっちゃうと、せっかくのカレとの時間が楽しめないですよね。

もちろんこれは、Facebookだけではありません。Instagramなど、すべてのSNSにあてはまります。

まずは、カレとの時間だけを楽しむようにしましょうね。

 

【参考】

※ THE FACEBOOK EXPERIMENT – THE HAPPINESS RESEARCH INSTITUTE

※ Edson Tandoc Jr.ら(2015)「Facebook use, envy, and depression among college students: Is facebooking depressing?」(Computers in Human Behavior)