シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「そろえてください…」はダメ!モテない髪型になるNG注文3つ

みなさんは、デート前にせっかく張り切って美容室に行ったのに、「あーん、行かないほうがよかったー」なんてことありませんか?

お金を払って、払う前よりダメにされるなんてイヤですよね。

そこで今回は、たぶん『Menjoy!』内で1番か2番目にかわいい、いわば『Menjoy!』のひとり美レンジャーである筆者が、みなさんに気をつけてほしい、モテない髪型になっちゃうダメオーダーをお教えします。

 

■1:女の美容師を選ぶ

話しやすいからとか、緊張しちゃうからとか、髪を触られるからとか、耳や首すじを触られるからとか、感じちゃうかもだからとか、そんな理由で男性美容師を避けるムッツリカマトト意識高い系キラキラ女子とかいますが……、だからモテないんです。

信じられないかもしれませんが、女性美容師の一部は、無意識に、自分よりかわいい女子を作らないようにしてしまっているのです!

指名とか関係ありません。これは本能なのです。

そういった理由から、筆者は必ず、男性美容師を選択するようにしております。

ただし男性だからといっても、心が女性の方もいらっしゃいますので、2丁目などに出向いて見分ける鍛錬をつむことをおすすめします。

 

■2:サロンモデルの写真を見せてしまう

芸能人の写真を見せたり……は、さすがに気恥ずかしくてやる人は少ないかもしれません。ですが、読モとかサロモの写真を見せてませんか?

その髪型がかわいいのは、そのサロモがかわいいからです!

仕上がってみて、「なんか違うなー」とか、図々しいにもほどがありますね。

 

■3:モテたい気持ちを隠す

■1で選んだ男性美容師に、サロモの写真も見せられないとすると「じゃあ、どうやってオーダーしたらいいのー?」と頭を抱えてしまうかもしれませんね。

答えはひとつ。

「モテる髪型にしてくださいっ!」

一言一句間違えず、この通りに言ってください。

恥は一瞬、モテは永遠。

これをしっかり胸に刻みこんで、テレもせず、逃げも隠れもせず、まっすぐに前を見つめて、しっかりと発音してくださいね。

「どんな男性にモテたいですか?」とおしゃべりな美容師さんなら聞いてくるかもしれません。

特定の男性にモテたいとしても、周りからたっぷりモテることで、「あいつモテるんだな」と彼の興味をひくことができます。

ですから、ここは、「日本男子全員です。よろしくお願いします」と、しっかり頭を下げましょう。

 

いかがでしたか? ここまでしないと筆者のように「チャームポイントは顔です」とは言えないものです。みなさんも早く私についてきてください!

 

【画像】

Betsy Jons