シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

「こんな人は結婚生活の達人!」すぐ気が楽になる離婚防止策…3つ

「いつまでもラブラブでいたい!」

好きな男性との結婚生活にそんな夢をもっている人も少なくないのではないでしょうか。しかし、結婚生活には喧嘩やすれ違いが付きものです。下手をすればラブラブ生活どころか、破局……なんて事態も考えられます。

そこで今回は『gooランキング』で発表された「結婚してからもラブラブでいるために意外と大切だと思うこと」の結果を参考にしながら、結婚生活を上手く送るための心構えについてみていきたいと思います。

 

■1:相手に過度な期待をもたない

「相手に期待をしない」、なんだか冷たく聞こえてしまいますが、相手に過剰に期待をかけるのはNGです。男性が記念日を忘れたり、約束を破ったり、カッコ悪い姿をあなたに見せてしまったり、そんなことは結婚すれば日常茶飯事です。男性に“こうであってほしい”と願うことはあなたにとっても相手の男性にとっても重荷でしかありません。

むしろ「どうせ記念日なんて覚えてないだろう」と思っていたほうが、気が楽ですよね。

 

■2:相手の好き嫌いを覚えておく

「相手の好きなもの・喜ぶものを覚えておく」、「相手の嫌いなもの・不快になることを覚えておく」など、相手の好みや苦手なものをちゃんと覚えておくことが結婚生活を順調に進める際には大事だと言えそうです。

誰しも好きな食べ物が食卓に並べば嬉しいですし、嫌なことをされれば不機嫌になります。相手の好みや、“地雷ポイント”は早めに把握しておいて損はありません。自分との相性もありますし、できれば結婚前に彼の好き嫌いは知っておきたいものです。

 

■3:日々の挨拶はしっかりする

「おはよう」「いってらっしゃい」「ただいま」などの挨拶をきちんと言う、これはとても大切なことです。会話がない家庭は、とてもじゃないですが“ラブラブカップル”とは呼べませんよね。

他愛ない会話でもそれは立派なコミュニケーションです。会話のきっかけになる挨拶は同じ屋根の下で生活するようになっても欠かしたくない行為です。挨拶をすることで、相手を気にかけていることをアピールできますし、ちょっとした口調の変化から相手の気持ちを察することもできます。

ラブラブ状態を長続きさせたいのであれば、きちんとした挨拶を心がけたいですね。

 

いかがでしたか?

結婚後も男女のお付き合いには“最低限の礼儀”や“思いやり”が必要です。これは結婚する前の段階でも言えることなので、結婚の予定がある人もない人も、ぜひ一度自分の行動を見直してみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

※ 結婚してからもラブラブでいるために意外と大切だと思うこと – gooランキング