今週、注目したいのは13日の蟹座の新月。この新月は部分日食で、スペシャルな運気を運んでくるもの。

誰にとっても「節目」や「新しいスタート」を実感させるようなタイミングになりそうです。

そんな7/9~7/15の一週間の恋愛運を、12星座別に詳しく見ていきましょう!

12星座

牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)10日の前と後でアプローチを変える

10日までは恋愛運に勢いがあります。情熱と冷静が程良いバランスを取るので、アプローチをするには良いタイミング。がんばって!

とはいっても、ここで何もできなかったからといって、失恋するわけではありません。安心して。10日以降はいつもより理性的になるけど、好きな人に心を配り、丁寧に接していけます。自分より相手を優先すると、関係が進展できるはず。

13日は、今後の自分が飛躍するための「土台・居場所」ができあがるようです。

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)恋愛運が好調!

10日から恋愛運がグングン上がっていきます。何もしなくても好きな人と二人きりになれたり、結婚まで見越した出会いがあったりと、うれしい展開が続きそう。

受け身でいてもチャンスは舞い込んできますが、「こういうお付き合いがしたい」という理想をキチンと持っているなら、それを実現するつもりで動いて。

13日は、好奇心をくすぐられるものを見つける予感。新しい習い事や勉強を始めるには、良いタイミングかも。

双子座(5月21日~6月21日生まれ)恋より気になることがある!?

自分が動かなければ、恋の進展もナシという一週間。人間関係そのものは動きがあるのに、好きな人との関係は淡々としていて、運気の後押しがそれほど期待できないはず。

「恋愛<仕事」という傾向も強く、13日はピークを迎えそう。好きな人よりも、自分の収入が気になって、甘い気分になかなかなれないようです。

ほかに気になることがあるなら、恋愛はちょっとお休みにするのも良いのかも。

蟹座(6月22日~7月22日生まれ)イージーに恋を進められる

お誕生日を迎えている蟹座さん、おめでとうございます!

どんな状況にあっても、普段よりイージーに恋を進めていけそう。好きな人とは律儀に接するのではなく、フランクにアットホームな雰囲気で仲良くするとうまくいくはず。

何か問題があったとしても、今週はそれほど苦労しないで乗り越えていけます。

13日以降は、新しいステージに上がるような展開があるでしょう。考え方や身を置く環境、肩書などが変わるかもしれません。

獅子座(7月23日~8月22日生まれ)ロマンチストになりきって

運気
10日を過ぎると人気運が落ちてきますが、異性との間に適度な距離感ができるので、むしろ安心するかも。出会いを求めている人は、落ち着いて相手選びができるようになるはず。

好きな人がいるなら、11日以降に進展できそう。大胆に迫るよりは、ロマンチストになりきって、キザなセリフを言うくらいがちょうど良いでしょう。

13日は、胸のモヤモヤが晴れて、良い意味での開き直りができるようです。

乙女座(8月23日~9月22日生まれ)男性たちが注目する!

10日から人気運がアップ! 男性からの注目度が高まるので、うれしい展開が多くなりそう。単にチヤホヤされるだけでなく、長く付き合える恋人や、結婚まで視野に入れたお相手が見つかるかもしれません。迷いはあっても、13日には答えがちゃんと出るはず。

13日の新月から二週間くらいは、新しい出会いもあるようです。友人や仕事仲間として知り合った男性に淡い思いを抱くようになる可能性も。

天秤座(9月23日~10月23日生まれ)現状維持を望むなら良い時期

14日は、恋が進展しにくい日。がんばっても手応えが感じられないので、アプローチや告白は別の日を狙って。

現状維持を望むなら、今は最高の時期なのかも。交際中の人はおうちデートをまったり楽しめるし、恋より仕事が忙しくなっている人は気兼ねなく仕事を優先できます。

13日は、仕事に対して明るい光が差し込みそうな日です。

蠍座(10月24日~11月21日生まれ)自分本位になる

11日から、気持ちにゆとりが生まれて、視野が広がりそう。思うように身動きが取れないと感じていたなら、自分を縛る鎖がほどけたように感じるはず。

好きな人がいる人は、遠慮しないで。「様子見」や「検討」をしすぎると、逆に損をします。

13日は、自分を取るか相手を取るかで悩みそう。でも、好きな人を尊重することで、結果的に自分も守れるようです。どっちか一つだけ、という先入観は捨てましょう。

射手座(11月22日~12月21日生まれ)アプローチは10日か11日に

星座
好きな人がいるなら、10日と11日に集中してアプローチすると良いのかも。完璧を目指す必要はありません。ぎこちないコミュニケーションが、むしろ好きな人の気を引くはず。

また、ただ感情をぶつけるより、理性を大事にして恋のゆくえを探ったほうが、関係の進展は早いようです。

13日は、自分が自由にできない部分に注目したい日。新しい扉を開くカギになります。

山羊座(12月22日~1月19日生まれ)なりゆき任せにしない

8日頃から、主体的に恋を進めていけます。なりゆき任せにするのではなく、「私はこうしたい」「彼とこんな関係になりたい」という意志をしっかり持って、実現させようとするでしょう。

13日頃には、今まで曖昧にしか見えなかった部分がクリアになり、新しいゴールが設定できそうです。

水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)焦らずに、落ち着いて!

気持ちが焦ったり、焦りはするのにうまく動けなかったりしそう。ただ、そうした感覚は自分だけのもので、実際には大して気にする必要もないかもしれません。

10日~11日は、よく考えれば好きな人の気持ちが汲めて、うまく立ち回れるはず。がんばって!

13日の新月は、職場の仕事や日常生活に新しい風が吹き込んでくるようです。

魚座(2月19日~3月20日生まれ)恋の「新章」が始まる

13日以降、恋愛が新しい局面を迎えます。この日を境にして、好きな人との未来が少しずつ見えてくるはず。気持ちが明るくなり、前向きになれるでしょう。

場合によっては、「もう諦めるしかない」という判断を下すかもしれませんが……終わりがあれば始まりがあるもの。新しい恋が待っていると、前向きに判断してみて。(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)