オンナ目線のキュレーションサイト

逆に肌をくすませる!? クレンジングの3大NG

ある日のこと。粉がふき、くすんだAさんの肌を見て「クレンジングの仕方が間違っている」とズバリ言い当てた、米肌ビューティープロデューサーの宇都宮己良子さん。その理由を紐解くと、クレンジングで美肌を育むヒントが見えてきました。

 

 

クレンジングが間違っていると、見た目で損をする

「Aさん、ミルククレンジングを使っている? もしかして、適当にのばしてクレンジングを終了していないかしら?」。
一緒に食事をしていたAさんの肌を見て、米肌ビューティープロデューサーの宇都宮己良子さんは言いました。「どうしてわかるんですか!?」。たしかにAさんが愛用していたのはミルククレンジングでした。そしてAさんがクレンジングをしているときの動作を真似てみせたときも、とても「丁寧にクレンジングをしている」という感じは伝わってきませんでした。

そのときのAさんの肌は、頬のあたりが粉をふき、小鼻のまわりはファンデが浮いて、くすみも目立っていました。そんな肌状態を見て、「汚れがちゃんと落ちていない→クレンジング料が乳化する前に終わらせている」と宇都宮さんは推測したのです。もちろん、ミルククレンジングを選択したのは、決して間違った判断ではありません。宇都宮さんが「ミルククレンジングでは」と言い当てたのは、テクスチャーがやわらかく、伸ばしやすいので、伸ばしただけで、ミルククレンジングがメイク汚れときちんとなじんでいない状態でクレンジングを終了している可能性が高いと感じたためだそうです。

その後、宇都宮さんに正しいクレンジグ方法を教わったAさんは、教えを守り、2週間後には「肌が輝いているみたい!」と褒められるほど美肌になりました。

宇都宮さんによると、Aさんのようにクレンジングの方法を間違っているせいで損をしている人がとても多いそう。

「クレンジングは、1日を過ごした後にお風呂で身体をキレイな状態に戻すのと一緒で、汚れを落としてキレイな状態にするために行います。1日中、肌にのっていたベースメイク料は、皮膚から分泌された皮脂やほこりなども付着しています。

それらを落とさないということは、分泌された皮脂が酸化して角層細胞にダメージを与えるということ。その結果、炎症、ニキビ、シミ、シワなどの肌トラブルにつながります。もちろん、日々の汚れ自体も蓄積されていくので、メイクのノリが悪くなったり、肌がくすんだり、見た目的にも悪影響があります」(宇都宮さん)。

美肌を育むためには、正しいクレンジングが必須! そこで、ついしてしまいがちなクレンジングのNG例をご紹介します。

NG例1:アイテム選びを間違えている

どんなクレンジング料を使うかは、洗浄力や肌タイプを考慮することが大切だそう。

「ばっちりメイクをしているのに、洗浄力が高くないクレンジングを使うと、汚れを落としきれません。洗浄力の高さは、一般的に『オイル』『クリーム』『ミルクorジェル』『ローション』の順になります。その日のメイクの具合とクレンジング料の洗浄力が見合っているかを見極めましょう。

また、洗浄力が高いということは、油分を落とす力が高いということなので、肌が持っているうるおい成分も一緒に流れ落ちやすくなります。乾燥肌の人がオイルタイプを使用すると、より乾燥する恐れもあるので、自分の肌がどういう肌タイプかを考慮してアイテムを選ぶことも大切です」(宇都宮さん)。

 

 

洗浄効果は目安です。詳しくは商品説明をご確認ください。

 

 

NG例2:時間をかけすぎている

冒頭で、「乳化する前にクレンジングを終了してしまい、汚れをちゃんと落とせていない」というAさんの話をしました。これも、たしかにやりがちなNGなのですが、実は「時間をかけすぎる」こともNGなのだそう。

「クレンジング料をなじませているときに、ふっと指先が軽くなったら乳化した合図です。それにもかかわらず、さらになじませ続けていると、せっかくクレンジング料に取り込んだ汚れが皮膚の中にまた入ってしまう恐れがあります」(宇都宮さん)。

きちんと落とそうと思うあまり、時間をかけすぎるのもよくないんですね。
ちなみに、クリームタイプのクレンジングなどを早く乳化させるためには、「肌にのせる前に、手のひらで温める」のがオススメだそう。洗い流す際も、ぬるま湯を使うとベタつきやヌルつきが気にならないんだとか。

◆正しいクレンジの方法は「肌潤クレンジングクリーム 洗顔方法」

 

 

NG例3:W洗顔をしない

「クレンジングをすればメイク汚れが落ちるのだから、顔の汚れも一緒に落ちるはず。わざわざ洗顔料を使う必要はないのでは?」と思っていませんか。でも、それは間違いだそう。

「クレンジング料と洗顔料は、落とす汚れの対象が異なります。クレンジング料が落とすのは、ベースメイク料(ポイントメイクアップ料を含む)。一方、洗顔料が落とすのは、古くなった角層細胞や過剰に分泌された皮脂などです。クレンジング料も、皮脂汚れや古い角層細胞をまったく落とせないわけではありませんが、その力は商品によって異なります。ですから、きちんと皮脂汚れや古い角層細胞を落とすためには、洗顔料を使ってW洗顔することが大切です」(宇都宮さん)。

その日のメイクや肌タイプに合うクレンジング料を選んで、乳化をしたらクレンジングを終了する(ローションタイプのクレンジングを除く)。そして、洗顔料を使ってW洗顔をする。それが大切です。
「美肌の道は一日にしてならず」とはいうものの、正しいクレンジグで、汚れが落ち切った肌の美しさはすぐに実感できるはず。間違った習慣を改めて、澄んだ肌を育みましょう。

 

 

<おすすめのアイテム>

肌潤クレンジングクリーム 120g 1800円(税抜)

肌になじませると、うるおいヴェールのカプセルがはじけて、メイク汚れを浮かせて包み込んでしっかりオフ。米ぬか由来の保湿成分を中心とした厳選された成分が、クレンジング後の肌をなめらかに整えます。

 

 

肌潤洗顔クリーム 120g 1600円(税抜)

炭を含んだ濃密な泡が、毛穴につまった皮脂や黒ずみをしっかり吸着。ぬるつきのない洗い心地で、汚れはもちろん、くすみの原因となる古い角質をすっきり取り除きます。

 

 

<関連記事>
効果を実感できない大人の「鈍感肌」が目覚める角質ケア
ティッシュで簡単オフ!ふっくら肌を育むクレンジングクリームの使い方
真夏のうるおい美肌のために!今こそ復習したい「大人の洗顔習慣」

Illust:Yuriko Kawagishi