シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

自分らしく輝いて生きる、「仕事」×「大人の女性」の幸せの秘訣

正社員として勤めるだけではなく、派遣や契約、週末プチ起業など、様々な働き方が一般的になりました。女性にとって「仕事」はライフステージの変化で関わり方が大きく変わります。 あなたの「幸せ」と「仕事」の関係をあらためて考えてみませんか?

 

 

あなたにとって「仕事」とはなんでしょうか?

「仕事」「キャリア」「ライフワーク」……。言い方は様々ですが、私たちの生活にとって「働くこと」というのは切り離せない存在です。特に女性は、そのライフステージの変化によって「仕事」との関わり方も、大きく変化します。

結婚で専業主婦となったり出産したりするなかで、会社から一時的に離れる人もいるでしょう。お子さんが小さければ短時間勤務という形態を取り、ある程度の時間が経つと以前のような勤務形態に戻る人もいるでしょう。

このように、女性にとって「仕事」は、男性よりも柔軟な変化や捉え方を必要とします。そして、ただ単に「仕事」はお金を稼ぐための方法と考えるだけでなく「人生を充実させるために、欠けがえのない時間」と捉える人もいます。

「仕事」をどこまで重要視するかは、人それぞれです。もっとも重要なのは、あなたのライフステージ・ライフスタイルに合った働き方をすることだと言えます。

あなたに合った働き方を、一度明確にしてみませんか?

あなたに合った働き方を明確にするには、次のような質問を自分自身に投げかけてみると良いでしょう。

【あなたに合った働き方を見つけるための質問】
「私は、どんな場所で働きたいだろう? 都会のビルが並ぶオフィス街だろうか? それとも、自宅だろうか?」

「安定した、決められた収入を得たいだろうか? それとも成果報酬で頑張った分だけお金をもらうスタイルが良いだろうか?」

「ひとりで働くのが好きだろうか? それとも、チームで結果を出すのが好きだろうか?」

副業・週末起業・ライフワーク…多様化する私たちの「働き方」

就業時間外の副業を認める会社が増えるなど、私たちの働き方は非常に多様化してきました。「もっと色々と自分の可能性にチャレンジしたい!」という人には、良い時代になったのだと思います。

ひと月に20万円を稼ぐのは難しくとも、お小遣い程度を稼ぐということであれば、さほど壁は高くないかもしれません。あなたのできる範囲でアクションを起こし、まずは1000円でも稼いでみることが重要です。

「自分で収入を大きく稼ぐのは負担だ」ということであれば、会社員+副業収入という方法もあります。これであれば、仮に働いている会社の給料が何かしらの理由で減ってしまったとしても、副業で賄うこともできます。収入源が限定されている会社員よりも、ある意味で安定した働き方かもしれません。

 

 

主婦・家事手伝いや子育て…あなたのしているすべてが「仕事」

ここまで、働き方や収入のスタイルについてお話ししてきました。それでは、いま現在何かしらのビジネスに関わっていない人は、「仕事・ライフワーク」というのは関係ないのでしょうか?

もちろん、そんなことはありません。なぜなら、あなたが人生でするすべてのことは、「仕事・ライフワーク」だと言えるからです。

「仕事・ライフワーク」というのは、突き詰めれば「誰かの役に立つこと」ではないでしょうか? その「誰か」というのは、あなたの夫・彼氏や子ども、そしてあなた自身も含まれます。

ですから「金銭が発生する・しない」というのは「それが仕事かどうか?」という問いでいえば「関係ない」ということになります。

台所でお皿を洗うのも、重要な仕事なのだと思うことができるでしょう。そして、その作業をすることに対して愛を感じ、豊かな気持ちを感じられるはずです。

 

 

仕事を通して得られる、あなたの「幸せ」とは?

「仕事・ライフワーク」というのは充実感とともに、あなたに一種の「幸せ」をもたらしてくれるでしょう。では、仕事を通して得られる「幸せ」の正体とは一体なんなのでしょうか?

「幸せ」というのは、感情です。どのような感情かといえば、人によって定義は異なるかもしれません。しかし、万人に共通するのは、心から納得する仕事をすればするほど感じられる、ポジティブな感情だということです。

日常で行う仕事の時間で、あなたはどんな感情を感じているでしょうか? あなたが「この作業、すごく好きだなぁ」と思うときは、どんなときでしょうか?

ぜひ一度、時間をとって考えてみてください。人によっては、今やっている仕事に対して、より多くのポジティブな感情を感じられるようになることもあるでしょう。

 

 

あなた自身を愛すれば、もっと「幸せ」は感じられる!

最後に私から、ひとつ提案があります。それは、もっと意識してあなた自身を愛する時間を取ってみませんか?ということです。

もしも仕事で疲れたならば、積極的に自分自身を愛しましょう。頑張った自分に、ご褒美をあげましょう。「幸せ」を感じる時間を、もっと人生で増やしても良いのです。

手軽な癒しのツールとして、少し高級なバスソルトを使ってみたり、アロマをたいたり、スキンケアで肌を慈しんだりするのもひとつの手です。

真面目な人ほど、こうしたご褒美を自分に与えることを、疎かにしてしまいます。優れた「仕事・ライフワーク」を行うには、あなたの気持ちや身体が充実することが重要です。

ぜひ、もっとあなた自身を愛してみてください。あなた自身を、もっとも大切にしてください。

そうすれば「大人の女性」として、あなたは仕事を通してより多くの「幸せ」という感情を感じられるようになるはずですよ。

<執筆>今井 翔(All About「恋愛」ガイド)

恋愛・婚活の相談サイト「LOVE IS ALL」主宰。執筆家、講演家。
恋愛・パートナーシップに関する人間関係の専門家。大学では心理学を専攻。大学卒業後も継続して心理学やコーチングを学び、婚活サービスに関する企業に勤務。相談件数は前職を含め男性だけでも300件超え。本質を大切にした、独自のアドバイスに定評がある。『「モテる男」と「嫌われる男」の習慣』(明日香出版)が好評発売中。

 

http://www.loveisall.jp

 

 

<関連記事>
人間関係で疲れていない?心がうるおう、大事な人との向き合い方
年代別に目指したい!「大人の女性」に近づく美容ヒント
仕事もプライベートもモテる、男性から見た「大人の女性」8カ条